« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

kazusan農園&フォトアルバム('-'*)オヒサ♪

お久しぶりにKazusan農園&フォトアルバム

015Kazusanの mailより

「一番に熟したトマト5ケは烏にやられ、青いネットをかぶせました。

子供のころ田舎で作って食べた味を思いだしました。

30個以上は収穫できると思います。」

楽しみです。

お裾分け期待できるかなσ(@゚ー゚@)♪

Photo Photo_2
   お裾分けのピーマンとシシトウ     こんなラブリーなキュウリもheart01

野菜やお花がたくさんあるKazusanのお庭

014 Photo_3

メダカのお家のホテアオイの花。
                
キアゲハ♂(蝶屋さんから指摘がありました)
ゴージャスな装い、夏型のナミアゲハ

春にはメジロのカップルもやってきてました。

蝶や虫、鳥たちの憩いの場所ですね。

ウーン・・・・・σ(-c_-`。)でも、鳥さん&虫さん、お野菜はかじらないでね。

(m´・ω・`)m オネガい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丹後半島番外編n(ー_ー?)ン?

2週連続、丹後に行って、今週はお疲れ(。´-д-)ダラァ~

せっかく行ったのに記事にできなかった富田屋というお店のこと。

こんな写真も撮れましたってこと。

ここらで、とりあえず載せておきましよう。忘れないうちに・・・。

まず、富田屋(第1週目の夕ご飯)

Photo北近畿タンゴ鉄道の宮津駅の前にある食堂。

知る人ぞ知るお店で、丹後半島に通い始めたころ、ネットの書き込みで見つけたお店。

お店の感じは昭和の香り漂う大衆食堂。

とにかく安くて美味しい。

丹後で獲れる新鮮な魚介類はもちろん、食堂定番メニューのうどん・ラーメン・丼ぶり・カレーに至るまで、とにかく安くで食べられる。

今回は食べ物の写真とか撮れませんでした(よく行くので、新鮮味がなくて)

気になる方は、宮津の富田屋で検索してください。いろんなブログに登場してます。

で。今回の目玉はクロクチ貝(オオノガイ

 オオノガイは内湾の浅い海底に生息する大型の二枚貝。府内では天橋立で仕切られた阿蘇海の特産でもあります。地元では殻からはみ出た水管の先が黒いことから、「クロクチ」という名前で呼ばれています。
 オオノガイは殻をうまく閉じることができないほど水管が大きく発達しています。この長い水管のおかげで泥底深く潜って生活することができ、外敵から身を守っています。
 スコップで海底の砂ごと掘り起こし、それを網でふるうという変わった方法で漁獲されています。サザエアワビなどと同様に漁業者以外は採捕できません。
 3―10月が旬で、水管の外側を覆う厚い皮をむいて、身全体を食用にします。特にフライが最高です。(京都府立海洋センター主任研究員 藤原正夢)

天橋立の阿蘇海の特産で貴重なものらしい。

フライがお勧めだそうですが、品切れだったので、焼きクロクチ貝を注文。

これは、美味しい。カキよりも味が濃く独特の甘みがある。

またひとつ新しい美味しさに出会いました。今度はぜひフライが食べてみたい。

それから、この店の名物をひとつ。

お店をしきるおばさまたち3名(日によって2名のときも)

とにかく、客アシライが凄い。込んでくるとちょっと怖いけど、活気があっていい。

迷っていると強引に決断を促し、注文をとりつけて、どんどん捌いて行く。それがまた小気味いい。

ただし、このおばさん達のパフォーマンスが見れるのは夕方(3時ぐらい以降)の部のみ。

お昼の部はのんびりした真逆のおばさんが仕切ってます。

あっそうそう、ここのお店です。祝祭日と重なろうと、かきいれ時であろうと、何が何でも月曜日はお休みと言うお店は。行かれるならご注意を。

こんな写真も撮れましたは続きで

続きを読む "丹後半島番外編n(ー_ー?)ン?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隠れ家的お蕎麦屋さん「天風」

浅茂川温泉「静香の里」で汗を流し、真夜中出発のため、休憩室で一休み。

運転手さんは(-_-).。oOO スヤスヤ

ボチボチ>(* ̄¬ ̄)σおなかすいたネ

遅いお昼は前から気になっていた「天風」というお蕎麦屋さんに。

時間が時間ですし(午後2時ぐらい)とりあえず、やっているのか確認かくにんmobilephone

都会を離れると、よくあることですが、都合によりお休みとか、休日とか関係なしに何が何でも月曜日はお休みとかいうお店があるので。

あれ、コールしてるのに繋がらない、もしや・・・・・。

再度挑戦、繋がりました(;≧∇≦) =3 ホッ

ところで、場所どこ???ついでにお電話で聞いてみました。

が、間人からの道がよくわからないので、知っている道から看板を探しながら、どうにか到着。要所要所に手書きですが道案内の標識がありました。

丹後の弥栄町、とっても山里。近くに野間川というアユやアマゴの獲れる清流があります。

Photo_3古民家風の造り、思ってたより立派です。

中に入ると、レトロっぽい調度品。

これまた、予想以上にいい感じです。

囲炉裏のある部屋の窓際のテーブル席を勧められました。

Photo_5じっくり見渡すと、一つ一つのものにオーナーのこだわりらしいものが。 Photo_6

時間はすでにおやつ時。

蕎麦懐石風のものもあるのだが、午後の部の時間も迫っているので、今回は野間蕎麦の大盛り(1100円)のみを注文。

3少し平たい粗挽きの田舎風そば。

こしはしっかり。

お出汁は甘めで、少しイリコの香りがしますが、この粗挽きの田舎蕎麦にはマッチしています。

GWに行った同じ丹後のKaraよもぎに似た感じのお蕎麦ですが、こちらの方がプロぽい。

それもそのはずでした。こちらの店主は元間人の老舗旅館のオナー。

昭恋館よ志のやという旅館で、今は息子さんがされているようです。

活けてあるお花といい、調度品や食器にこだわりがわかります。

今度、機会があれば蕎麦を含むコース「天風御膳」食べてみたいと思います。

自力ではちょっと無理なので、スポンサーを誘って見ようかな。

続きを読む "隠れ家的お蕎麦屋さん「天風」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夕菅(ユウスゲ)の咲く海岸

ユウスゲ、夕菅と書きます。

文字どおり夕顔などと同じで夕方に咲く花です。

前にも書いたのですが丹後半島の箱石の浜にはお花畑があります。

コオニユリがぼちぼち盛りを過ぎるころ、今度はユウスゲが咲き始めます。

今年はうまい具合に、海の日あたりが見ごろとなりました。これは ラッキー(v^ー°)

0814ユウスゲの花です。

ユリの仲間で、別名きすげ(黄菅)とも言います。

近い種類にニッコウキスゲ(ゼンリンカ)やエゾキスゲがあります。

ニッコウキスゲは昼間に、エゾキスゲは夕方から次の日のお昼にかけて咲くそうです。

実際、午前中に撮影した時はまだ蕾でしたが夕方になると次から次に開きはじめ、かすかですがユリ独特の香りが漂います。

下の写真は午前と午後の花の様子です。

085 0816
      2008.7.19(11:00)          2008.7.19(18:00)

そして、クライマックスの夕日との写真。

11

12

露出とかいうのを変えて、何枚も撮ってみました。

ど素人なので反省点はたくさんあります。

水平を確保するのに三脚を立て、モニターに罫線を表示してしたのに、なぜかまたもや右上がりに( _ _ )..........o

ところで、私が夢中で撮っていると、いつの間にか人でいっぱいになってました。

カメラ小僧ならぬカメラおじさん達。十数人はいたでしょうか。

中には毎日通っていると言う、ご年配の人も。

シニアのみなさん、私の何倍もするカメラ機材をお持ちでした。

なんか、ちょっと恥ずかしかったです。いろんな意味で・・・。

     

続きを読む "夕菅(ユウスゲ)の咲く海岸"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海の日♪(*^ ・^)ノ⌒☆

Photo海の日の三連休の初日。2週続きの部活ッス。
出発はいつも真夜中。走っているのは運送の車ばかり、乗用車はいつになく少ない気がする。これも、ガソリン高の影響か・・・。
参加者は先週のメンバー。最近はこれで固定ぎみ。
ミョコさんは天川村、ネズミ博士の弟子は「きほん、ヒマじゃ無い」とか…。

またまたやって来ました、丹後半島。
思ったより、波が高いwave
うねっているらしくキス釣りは遠投勝負とか。
蝶屋さん、となりで投げるチョコレート色のジモティらしきお兄さんと投げ比べです。お互い軽く100m超えしてた∑( ̄口 ̄)ビツクリ
私は目的のお花たちをパチリcamera
日も高くなり海岸は灼熱砂漠状態。
Photo_2で、浅茂川温泉spa静の里で汗を流し、一休み。
夕方の部に備え蝶屋さん(-.-)zzZ
←静香の里から見える浅茂川の漁港。
今日はまるまる1日どっぷり丹後半島です。たぶん(b^-゜)

このあと、以前から気になっていた「天風」というお蕎麦屋さんに行きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

お別れ会

美味しいもの大好きの神戸っ子さんが、突然異動になり、お別れ会をしました。

Ca3800463時のおやつ休憩のとき、われらのBOSSの奢り(半強制的に奢らせてしまった)でケーキでお茶会です。

長かったのか短かったのか、本社から来られて4年と8か月になるそうです。

神戸出身なので、私とは共通の話題が多く、ほんとに楽しい時間が持てました。

まだまだ、これからいろいろ美味しいもののお話ができると思っていた矢先のことで、すごく残念です。

それに、直前になって本社から明石のほうに異動先が変わるなど・・・。

会社の方針には従わざる得ないところが、雇われの身の辛いところ。

BOSSが朝礼で仰った言葉「不本意かもしれませんが、がんばって定年まで続けなければいけませんよ。生活していかなければならないので、どこに行かされても、どんな仕事であっても働ける場所がある限り働いて下さい。」

これから先、お互いどうなるか分かりませんが、ここは踏ん張りどころです。

そんじょそこらでヘコタレナイ、驚異のおばさんパワーでがんばりましょう。

そのうち、社内便を使って美味しいもの届けますね。

西神戸方面の情報もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱石の浜(丹後半島)

丹後半島の久美浜町にある箱石海岸には貴重な海浜植物の群落(海浜草本群落)があります。

私がこの浜の植物に出会ったのは2004年の夏。

私が想像していた地味な海浜植物と違って青や黄色やオレンジの花が咲き乱れる、まさにお花畑が広がっていました。

Photoその中に、珍しい花を見つけ、無謀にも採集して持ち帰ってしまった。

調べてみて(」゜ロ゜)」ナント

トウテイランというすごく貴重な花だったのです。

なんせ、日本固有種で自生地が島根の隠岐と鳥取県の羽合町・泊村とこの久美浜町だけというから大変です。

採集行為に対して、我が家の生物部員の面々からは責められるし(_ _|||)

そんなことがあり、一応、植物班である私σ(・ω・Me)

この海岸の植物を調べることにしました。

ちょうど、キス釣りも飽きたし。だって、投げても飛ばないんだもん。蝶屋さんの投げてくれたのを巻いてただけだったし。

で、昨年まではコンデジ君で写真を撮ってました。

今年からはデジイチ君で写真を撮ってみようと思います。マクロレンズも買ったし・・。2008年デジイチ作品です(/[○]^)ぱちり

082_2 082081_2
   カセンソウ                       コオニユリ

084 083_2
   カセンソウの群落                  コオニユリの咲く斜面

これから、9月まで次々とお花が咲きます。

あと、一週間もすれば、ユウスゲも見ごろに。

今度の連休、行けたらいいなヮクd(*^0^*)dヮク

続きを読む "箱石の浜(丹後半島)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の丹後半島

五月の連休以来、長い沈黙を破って、やっとOutdoorネタです。

もちろん部長はfishing(`・ω・)__% ̄ ̄~~~~~~~~>゜)))≫彡

そして私はお待たせデジイチくんで(/[○]^)ハイ*パチリ☆

 081
         棚田で有名な丹後町袖志の浜

084丹後の海もボチボチ海水浴シーズン。

海岸には海で遊ぶ人の姿が見られるようになりました。

蝶屋さんの釣る沖には小さな船。

蝶屋さんが狙うキス釣りポイントに居座っていたとか。

思わず、船めがけて投げ込んでやろうかと思ったらしい。

これ、望遠で撮ったんですけど。

かなり、沖でしたよ。どんだけ飛ばすのヽ(*゚O゚)ノ スゴ!!!

083

岩がえぐれて白く見える。

海とのコントラストがちょっと眼についたので撮ってみました。

ところで、この付近は丹後半島の西側に位置するのですが、ほぼ先端に近いせいか海から朝日が昇る場所のようです。

季節的には、夏のほうが見れる可能性が高そう。

次回は海から昇る朝日の写真を撮りたいでぇす☆ヾ(´∀`)085

ところでボチボチ日も高くなり喰いもしぶってきた(釣れなくなってきた)ので片付け始めると、沖のおじゃまな船も場所を移動してました。

そこそこしか釣れなかったのはこの船のせいだそうです

ヾ(`Д´*)ノ 怒

4人の夕食分はありましたので、私は良いのですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お外に出れたo(゚∇゚*o)(o*゚∇゚)o~♪

やっとお外に出れました\(^_^)/
今日はひさびさの部活ッス!
参加者は部長の蝶屋さんと副部長の私。
ネズミ博士の弟子は前日のゼミ発表でお疲れ。
ミョコさんも昨日までメダカの採集のお手伝いで中国地方をさまよってたのでパス
蝶屋さんは早朝から久しぶりのキス釣り。
私は車の中でいつもの朝寝。
せっかく、遊びに来たのにもったいない。いえいえ、これがなかなか良いのです。波の音を子守歌に澄んだ空気の中でスヤスヤ(-.-)zzZ
さてと、朝ご飯も食べたし、ボチボチ活動開始ですo(^-^)o
朝ご飯で思い出した。
来る途中、何カ所かでカラスが道路をうろうろしてるのに出くわした。
良く見ると虫を拾っている。夜のあいだに車のライトに集まって来て跳ねられ虫を食べに来ているようです。
名付けてスリル満点「カラスの朝食バイキング」
それにしても、カラスって賢いね、感心するワ( ̄^ ̄)ウムウム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃってコブサラダ┌(。Д。)┐

こ・ぶ・さ・ら・だ??

日本人なら、はじめて聞いた人、10人中9人が「昆布サラダ」を想像するであろうサラダ(後の一人は瘤?サラダ??)

アメリカあたりのコブさんが考えたサラダだそうです。

ネーミングは何の捻りもない普通・・・。

一時、キューピーがコブサラダドレッシングを出したときミーハーの私、さっそく作ってみました。

ただ、本物は食べたことがない。私が食べたことのないものを作るのは極めてまれなこと。

当時ハマっていたお料理検索サイトクックパッドなるもので、本物を食べたと言う人のレシピを見つけて真似してみました。

その後、勝手に改良を繰り返しできたのが、今のこれ。

だから「なんちゃってコブサラダ」( ̄ー ̄;)ゞ

なんちゃってコブサラダ(Jikoman流)

   Photo

   ウチの食堂、お客さんがまちまちの時間に食べるので1人分ずつに盛りつけて
   (ホントは大皿に盛り付けるとそれっぽくてキレイです)

  • アボガド・・・・・・・・1コ(大きめのサイコロ状)
  • 蒸し鶏・・・・・・・・・1枚(サイコロ状)ホントはローストチキンですがお手軽なので、いかりスーパーで売っている蒸し鶏を使ってます
  • トマト・・・・・・・・・・2コ(大きめのサイコロ状)
  • 蒸し大豆・・・・・・・1缶(ミックスビーンズでもいい)今回は杉本農産の枝豆大豆があったので湯がいたものを使ってます
  • ナス・・・・・・・・・・・大1本(7㎜ぐらいの半月、大きければ1/4)
  • パプリカ・・・・・・・・1コ(ナスぐらいの大きさ)
  • ベーコン・・・・・・・・できればブロック(サイコロ状)
  • ゆで卵・・・・・・・・・2~3コ(乱切り)輪切りにするといいのですがバラバラになるので乱切りに、切り方は工夫してください
  • ドレッシング・・・・・今回はセゾンファクトリーのホワイトクリーム(サウザンドアイランドもいい)キューピーのコブサラダドレシングもあります

その他、チーズ・ハム・ズッキーニ・オリーブの実・アスパラガスなどPhoto_4

  1. フライパンにオリーブオイルを引いて、ベーコンを炒める。油がしっかりでたら取り出す。
  2. オリーブオイルを足し、ナスを炒める。ナスに油が回ったらパプリカを加えしっかり炒める(ズッキーニやアスパラガスのときも)軽く塩コショウで味をつけ、粗熱をさましておく。
  3. 色どりがいいように、お皿に並べて出来上がり。

ドレッシングですが、レシピ元はハニーマスタードドレッシングでした。

もう少し研究しようと思っていたのですが、市販のもので賄っています。

今回のホワイトクリームはシーザーサラダ向きなので、コブサラダにはサウザンドアイランド系の方が良いかもしれません。

これも、夏野菜が美味しく食べれるメニューです( ̄~; ̄)ウメぇ!

セゾンファクトリーの瓶入り(常温保存用)のクリーム系のドレッシング、おしゃれな瓶に入っているのは良いのですが、先細りの口からはすご~く出しにくい(一度セゾンファクトリーに苦情のメール入れたことあります)
生ドレシングのタイプもあります。手に入るならそれがお勧め。阪神間では梅田の阪神百貨店に直営のお店があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏野菜はこれ(*´▽`*)=3オイヒーイ♪

我が家の夏野菜レシピ。

ラタトゥイユ(ラタトゥーユ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラタトゥイユ(仏: Ratatouille)とはフランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理。

ナスピーマンズッキーニ香草などをオリーブ油で炒め、トマトを加えてワインで煮て作る。そのまま食べるか、パンと共に食べる。パスタソースにすることもある。白ワインとよく合う。

語源はフランス語のTouiller(かき混ぜる)で、初めのRata-は軍隊言葉で「ごった煮」という意味である。

フランス南部のプロヴァンス料理とあるけど私の見つけたのはイタめしレシピの中。どうも、フランス南部は地中海に面しているのでイタリア料理に似ているのがあるそうです(イタリア料理はカポナータとかチャンボッタと言うそうです)

夏のお野菜、ナス・ズッキーニ・セロリ・トマト・パプリカ・玉ねぎ・オクラ・カボチャを野菜の水分だけでじっくり蒸し煮にする。

名前はかっちょいいけど、厚手の鍋に野菜をぶち込んで煮るだけ。

簡単Jikoman流レシピです。

ラタトゥイユ

  • たまねぎ・・・・・・1コ(粗みじん切り)
  • なす   ・・・・・・3本(皮をしまにむき1㎝の輪切りか半月切り、塩水に漬ける)
  • ズッキーニ・・・・・2本(皮をしまにむき1~1.5㎝の輪切り)
  • セロリ   ・・・・・1本(縦半分、1㎝幅)
  • パプリカ・・・・・・・1~2コ(大きめの一口大)
  • トマト ・・・・・・・・4コ(大きめの一口大)
  • にんにく・・・・・・・1かけ(つぶす)
  • ローリエ・・・・・・・1~2
  • エルブドプロバンス(南仏のスパイスミックス)ギャバンの他にSBからも出てる。私は似たような感じでマスコットのソテーミックスを使ってます(下の写真の)
  • オリーブオイル
  • 塩・こしょうPhoto_3

  他にオクラとかカボチャとかもOK

  1. 鍋(厚手の鍋)にオリーブオイル大さじ3を入れなすに油が回るまでよく炒め、いったん取り出す。Photo_7
  2. 再びオリーブオイル大さじ3とにんにくを入れ、にんにくの香りが出たら、トマト以外の野菜を加えて炒める。
  3. 油が回ったらトマト、塩小さじ1、ローリエ、スパイスミックスを入れ、蓋をして15~20分煮込む。Photo_2
  4. 途中、野菜のかさが減ってきたらなすを戻す。
  5. 塩・コショウで味を調え、出来あがり。

夏野菜のパワー全開。

オムレツに添えてもいいし、パスタやご飯にかけてもいい。

冷やして食べるの美味しいよ。

お肉料理に添えてもいいです。

残ったのを次の日、朝食にパンと食べるのぐ~♪ d(* ̄o ̄)

Photo_6 私の使っているスパイスミックスマスコットフーズ ソテーミックス(ハーブ)

オリーブオイルはスペイン産。以前、従兄がスペインに修行に行っていたとき、送ってくれたものと同じ地方のもの。

そして、大事にとってあった、えく子さんのワインフランケン バックス カビネット。スタッフのユーカさんの書いたオリジナルラベル瓶。

これを、夏むきに炭酸割りにしてみました。

ラタトゥイユは南仏の家庭料理なのでそれぞれの家庭の味があるみたいです。

美味しくできれば、ルールはないようです。

夏のお野菜補給にお勧めのレシピです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

話題のスイーツなんだって(*^-^*)

TVとかで話題のスイーツを頂きました。

Photo福知山にある足立音衛門の栗のテリーヌ

和紙風の包み紙につつまれて、ケーキというより和菓子風。

銀の包み紙を開けると、バウンドケーキ?

大きな栗がごろごろ。
Photo_2

かなりしっとり。

どちらかというと昔よく母が使っていた和菓子屋さんの餡の入った焼き菓子(?)のようなお菓子の生地に似ている。

ケーキの部分は少し甘いと感じたけど、すーっとなくなる、あと口に残らない甘さ、和三盆を使用。

その後に上質のバターの風味が来る。

栗がメインなのか、栗の存在感は絶大。

なるほど、それぞれの素材のこだわりが感じられる。

Photo_3

こんなに、良いものを使っているのだからかなり高級なのであろうと、下世話ながらハウマッチ?

最近、東京方面に行くことの多いミョコさんはズバリ3500円。

蝶屋さんはぜったい3000円は下らない。

私としては希望として2500円であって欲しい。

なんと、1本(16㎝)3880円なり

この勝負、ミョコさんの勝ち。伊達に東京に行動範囲を広げていないようです。

東京ではこれくらい当たり前だそうです。

もっと、このスイーツには上がある。

なんと、栗のテリーヌ(天)一万円(ー△ー;)エッ、マジ?!!!

こうなると、私の範ちゅうは超えている。違う世界のお話。

手の届く範囲での感想を(*`・ω・*)

和三盆を洋菓子に、ケーキの部分に関しては、これが一番のこだわりなのがよく分かる。

丸ごと2種類の栗を使っている点。栗は栗で美味しいと思う。

ただ、個人的には、どうもこの二つがしっくりこないのです。

絶大な存在感の栗。存在感がありすぎて、和三盆のケーキの部分となじまないような。

別々のお菓子を食べたみたいな感じです。こだわりの逸品、これはチョッともったいないと思うのは私だけσ(´・ω・`)

ネットで見ていると、関東方面受けしているようです。

私の住む阪神間はここまで高級じゃなくても十分美味しいケーキが食べられるような気がします。

神戸っ子の母に育てられた私にとって、ケーキ(洋菓子)はあくまでも普段、普通に食べるお菓子の一つであって欲しい。

という、意味を込めて高くても2500円であって欲しかったのです。

それよりも、ここのお菓子屋さんの和三盆のバウンドケーキは食べてみたい気がします。わたし好みのプライスですしσ(゚ー^*)

あくまでもこれは私の個人的な感想で、スミマセン・・・(´_`illi)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もう夏ですか(("Q(´・ω・`υ)・・・アツイ

今日は暑かったですね。

天気図で見ると梅雨前線が無い?

昨日は季節の変わり目を知らせるthunder雷も鳴ってたし。

ただ、いまいち太平洋高気圧の押しが弱そうで。

すきあらば梅雨前線、復活なんて:;.:...;....(lll′Д`lll)pジメェ

でも、私のブログは早々と夏仕様です。

花火と迷った挙句、涼しげな方を選択。しばらくこれで行きますね。

♪~(* ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ε ̄ ̄ ̄ ̄ ̄*)イエイ♪

て、なんか意味あるの?この顔文字??

ただ、気になってたので、使ってみたかっただけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鯛飯(Revenge version)

魚政さんの干物を使った鯛飯」で挑戦した鯛飯。

Photoお出汁を使ってしまい、せっかくの美味しい鯛の干物の味を活かすことができなっかったので、リベンジです。

魚政さんこだわりの干物

今回も前回と同じ、桜鯛の干物

春の旬のころに丁寧いに加工された「思い入れ」の干物です。

干物を使った鯛飯(Jikoman流レシピ)

  • 鯛の干物・・・・炊飯器の入る大きさの物
  • 米    ・・・・・3合半(5合炊きなのでこれが最大)
  • 昆布   ・・・・5㎝角ぐらい
  • 生姜   ・・・・1かけ 千切り
  • 胡麻   ・・・・適宜
  • 薄口醤油・・・・大さじ3(1合に大さじ1ですが今回は少なめに)
  • 酒    ・・・・・大さじ3ぐらい
  • 水    ・・・・・醤油・酒と合わせて炊飯器の水の分量になるように
  1. お米を洗い、炊飯器に薄口醤油・酒・水・昆布を入れるPhoto_5
  2. 鯛の干物をうすく焦げ目がつくぐらい焼く
  3. 炊飯器に鯛を入れ、炊く
  4. 炊き上がったら、昆布と鯛を取りだす
  5. 鯛は小骨に注意しながら、身をほぐす
  6. 鯛の身を戻し、生姜、胡麻を加え、軽く混ぜる

Photo_2

調味料の分量は、それぞれの好みでいいと思います。

醤油の代わりに塩のみでもいいですが、醤油を使う方が香ばしさが出ます。

今回は大成功(v^ー°) ヤッタネ

干物の鯛でも、こんなに美味しくできました。

たぶん、生の鯛を使ったものとは身のほっこり感とかが、少し違うかもしれませんが、生の魚にない濃くが出て、みんなに満点がもらえた鯛飯でした。

成功の秘訣は魚政さんの鯛の干物。

焼くといい脂がしたたり落ちていました。

私はどちらかというと魚の脂がにがてです。特に皮と身の間の脂はどうも・・・。そこが美味しんだと言われますが、たぶん、このへんで買うお魚は鮮度とかの面で美味しくないのだと思います。

でも、これは大丈夫。身をほぐしながら頭のところとか、役得でだいぶ食べちゃいました。

最大の利点は、やはり干物なので手に入りやすい。

おまけに、魚料理の手間がいらない。

こんなにうまくいったので、新たなる野望を抱いています。

土鍋で鯛飯作ってみたいo(*⌒―⌒*)oにんまり♪

前からご飯用の土鍋ほしかったんだ・・・・。

(д¬;)ネェー、こないだは石焼ビビンバの鍋とか言って無かったっケ?by影の声

info02KOBAさんちの弟くん発案の鯛飯のお茶漬けは続きを見てね。

続きを読む "鯛飯(Revenge version)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

これも大人買い???v( ̄∇ ̄)ニヤッ×2

昨日、丹後の「魚政」さんから干物が届きました。

魚政さんの干物については以前、私のブログで書きましたが、あれ以来、近くで買う干物に満足できず、ついにお取り寄せしちゃいました。

Photo_2 大寸(55㎝×35㎝×25㎝)ぐらいのトロ箱にぎっしり。

鰺(アジ)・鯖(サバ)・鯛(レンコダイ)・鰈(カレイ)・鰰(ハタハタ)・鯣烏賊(スルメイカ)・障泥烏賊(アオリイカ)・のどぐろ(アカムツ)

ちょっと古いが、どんだけーぇsign01と叫びたくなるくらいたくさん。

ウチの冷凍庫だけでは収納しきれない。

こういうのも大人買い???

美味しいよって声かけたら、注文がたくさんあったのです。

仕方がないので、実家2軒には急きょ夜間配達。

で、我が家の取り分はこれ。

   Photo_3

鯛は再挑戦の鯛飯に。

皐月さばはGWに手に入れ損ねたので楽しみ。

今が旬の鰺。

アオリイカの一夜干しは初めて(○・ョ・)っデス

定番のエテカレイは今度はから揚げにしてみようかな。

夕食が楽しみですd(⌒o⌒)b ♪~♪ルンルン

ところで、前夜の水といい昨日は大寸のトロ箱。

おなじ、宅急便の方でしたf(´-`;)ポリポリ

連日お世話になりました((*_ _ ぺこっっ★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人買い???v( ̄∇ ̄)ニヤッ

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

大人買い(おとながい)とは、

  • 金銭的に裕福な大人(主にサラリーマン)がその経済力に物をいわせ、食玩おまけ)などパッケージを開封しないと中身が分からないおまけ入り商品を大量に(しばしば、箱買い、ケース買いで)購入すること。
  • 転じて、おまけなどがない菓子でも、単に「箱買い」「ケース買い」することをいうこともある。
  • 更に転じて、菓子などに限らず、単に通常人が買う平均を大幅に上回る量の物を一度に買うことを指す場合もある。2000年代後半以降、主に趣味の分野(漫画の全巻/映画やTVドラマの全シリーズ/音楽ソフト/書籍/キャラクターグッズ等)で同シリーズで何種も発売されるものを全て買うことを限定的に指すことも増えている。
  • 株式相場について、ネットトレーダーの間で、外国人機関投資家がまとまった数量の買い注文を出すことの意味で用いられる。

子供を対象に販売した(おまけ入り)商品を大人が購入するさまから大人買いと呼ばれるようになったと言われる。

しかしその一方で、いわゆる「レアアイテム」や「シークレットアイテム」を確実に当てるために大量購入した結果として大量の「ダブり」を生じることや、子供の列に大人が混じって購入すること、中のアイテムによって一喜一憂する姿から、「大人気ない買い方」が転じたともいわれる。

心理的側面から見た場合、子供の頃に経済的な理由からそうした商品を満足に手にすることができなかったことのフラストレーション、そして大きくなって就職し、ある程度の収入が得られるようになったことで自由に商品を購入できるようになったことのカタルシスとの相乗効果によるものも原因の一つと考えられる。

その他、この言葉から派生したと思われるネット上のスラングとして、証券市場などにおいて、個人投資家などの小口の買注文に対して、機関投資家などの大口の買注文も大人買いと呼ばれる場合がある。なお、女性による大人買いを「乙女買い(おとめがい)」と言い換える人もいる。

はやりの大人買いをしてしまった。

物はこれ。

Photo水のケース買い。

しかも、6ケース。合わせて72kg。

無理から、大人買いに当てはめるとすると。

単に「箱買い」「ケース買い」することをいうこともある』とか

菓子などに限らず、単に通常人が買う平均を大幅に上回る量の物を一度に買うことを指す場合もある』とかという部分に当てはまるかも知れない。

『女性による大人買いを「乙女買い(おとめがい)」と言い換える人もいる』と言うのに当てはまりたい気もするけど。

たぶん、「おばさん買い」と突っ込まれるだろう(~O~;)

買いだめとか、買占めとか、おばさんの買い物にはいいイメージが付いてこないけど、我が家の水事情には仕方ない処置なのである。

水事情と言えば、お茶とかつお節のかおりさんの住む静岡では、水質全国第1位の阿倍川があるので、浄水器やミネラルウォーターに頼る必要がないそうである。

阪神間で淀川の水を飲んでいる私にすればすごーく羨ましいこと。

これから、夏になるとカルキ臭さとか、カビ臭ささとか(´Д`;)/ヽァ・・・

せめて、大人買いした水でおいしいお茶飲も~っとσ(^○^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »