« クロマダラソテツシジミ調査団その2 | トップページ | クロマダラソテツシジミ調査団その3 »

ただいまクマソ(クロマダラソテツシジミ)飼育中

久々にチョウの飼育中。

蝶屋さん、以前はよくチョウを飼育してました。

飼育中はまず餌の確保に奔走する。近くに食草のないときは休みの日に採ってきて、専用冷蔵庫がないのでお野菜と一緒に野菜室で保管されていた。

一度はなんかの拍子に幼虫さん達が大脱走。黒い芋虫君たちが家の中を歩いていた。

たいていの場合蛹になると飼育ケースから出される。羽化した時に羽を痛めないために。要は野放し。だから油断してると知らない間に羽化して、テレビを見てる前を横切ることしばしば。

おかげで我が家の住人はこういうものに動じなくなった。

今回は食草の保管に野菜室を使われることはなかったが、安楽死場所兼保管場所に冷凍室が使用されている。

冷凍室を物色していて、プラケースの蝶を発見したミョコさん、驚きもせず「何かと思ったら、チョウ?、へーぇ」とか言いながら元の位置に戻してました。

さすが生物部員(〃・ロ・〃)ゞ エライ・・・?!

クマソ飼育日記

1お手軽飼育ケース。

3

終齢間近の幼虫。

盛んに柔らかい葉を食べています。

とにかく、1日であっという間に大きくなる。

2茎に穴をあけて中に入り込んでいるらいし。

葉っぱがここから萎れている。

餌交換のため蝶屋さんが茎を裂くと、中に幼虫が並んで入っていた。

葉が開ききらないで巻いているときは巻いた中に入っているが、葉が開ききると身を隠すためでもあるのかも知れない。

これ以上、葉が硬くなると食べにくいようだ。ひこばえのような芽が立ってから葉がかたくなるまで、約1週間ぐらい。

クマソの成長の早さはソテツの葉の成長にあわせているようだ。

2_2 1_2

ティッシュの裏に潜りみ蛹になる。途中で死ぬ幼虫もなく続々蛹に。

最初の羽化は(右の写真の左上)9月20日。3_3 たぶん9月9日に捕ってきた、この子。

産み付けられたばかりの卵の孵化から考えても、やはり2週間ぐらいで成虫になるようだ。

孵化率は定かではないが、とりあえず蛹化率は今のところ100%に近いみたいだ。

いくら室内で条件がいいにしても、蝶屋さんの経験からいうとかなり高い確率らしい。しかも、最初のうちは餌不足もあったのに。

もっと凄いことに、餌交換のときいやな予感がして、そのまま捨てずに置いておいた葉っぱに幼虫がいたらしい。気がついた時にはもう前蛹になりかけていたらしく、忘れていたので餌不足で信じられないほど小さな蛹になったのが3つもあった。

はたして羽化するのでしょうか。

こんなのも含めて、結局40ぐらい蛹になったのかな。大変アバウトな観察日記でスミマセン。

|

« クロマダラソテツシジミ調査団その2 | トップページ | クロマダラソテツシジミ調査団その3 »

クロマダラソテツシジミ」カテゴリの記事

コメント

虫、観察はできるのですが・・・子供の頃はアゲハチョウの幼虫を観察したり、セミをとってきたりしていたのですが大人になるとダメですねぇ。
特にモゾモゾ系とニョロニョロ系は!育てる楽しみはありますが、今はせいぜい鈴虫くらいです。

投稿: かおり | 2008年9月30日 (火) 08時42分

皆さんにとっては子供の頃の思い出。
我が家では立派な大人の趣味です。
家族にこの道半世紀の蝶マニアがいます。今で言うオタクの走りです。蝶オタなので蝶屋さんと呼んでます。
他に、野ネズミの研究をしているのでネズミ博士の弟子と言うのもいます。
まわりに結構こう言う人がいたので気が付きませんでしたが、世間的にはちょっと変わったFamilyらしい(最近職場で言われて気がつきました)( ̄○ ̄;)!

投稿: manga | 2008年9月30日 (火) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/24082005

この記事へのトラックバック一覧です: ただいまクマソ(クロマダラソテツシジミ)飼育中:

« クロマダラソテツシジミ調査団その2 | トップページ | クロマダラソテツシジミ調査団その3 »