« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

蟹ツアーByミョコさん

人のフンドシで・・・。って言う言葉が聞こえてきそうな記事です。

我が家のミョコさんがお友達と蟹ツアーに行ってきました。

一緒に行くお友達が一人は金沢(加能蟹)、一人は豊岡(津居山蟹)在住の人。

地元で蟹は・・・・。と言う理由で中を取ってかどうか、我が家のお庭(?)丹後半島で蟹を食べることに。

思い立ったのが12月に入ってから、少し遅かったのか、目指す「こばま荘」は満室。

「うおけんトラベル(魚政のケンさん)」に紹介していただいた「海山」に行ってきました。

1 Photo

3 4

これに、揚げ物とか茶碗蒸しとかあったみたいだけど、食べるのに夢中で撮るの忘れたみたい。

私もそうだから無理ないです。

美味しいもの食べだすと撮るの忘れてしまうよね。

とりあえず海山のHPから抜粋しました。

[ご夕食内容]

◆先付 ◆セコガニ寿司 ◆カニみそ甲羅焼き海山風 ◆カニみそのせ茶碗蒸し ◆活海鮮桶盛(お一人様一桶・花の咲く活松葉ガニ刺しと冬の地魚貝お造り盛合せ) ◆焼きガニ(目の前の特製兜で) ◆カニの天ぷら ◆ゆでガニ(半丁) ◆カニしゃぶ・カニすき鍋(生セコガニ付き) ◆カニ雑炊 ◆香の物 ◆デザート

まさに蟹ずくし。何でも蟹2杯半。

かなり量があったけど、がんばって完食したらしい。

宿の女将さんが「みんな食べてくれた」と喜んでくれたみたい。

ミョコさんは右下の写真の蟹のお寿司が気にいったそうです。

蟹の身たっぷり、セコガニのプチプチが絶妙とか。

5

お風呂は温泉(木津温泉)

お部屋もきれいで、こじんまりとしてまったりできるお宿との感想。

朝食もたっぷり。

ここも、白御飯が美味しい。

量が多いのと御飯が美味しいのは丹後のどこで食べても感じる。

大食漢の我が家にはぴったりの場所。

それに、意外と京風の薄味です。これもうれしいです。

Photo_2 1_2

1日目は曇天での天橋立観光(冬の日本海側、弁当忘れても傘忘れるなって)

そして、2日目の丹後は・・・・。

Imgp0046

一面の雪景色。

と喜んでいるのは、たぶん大阪発組みだけのような。

そんな中、遅いお昼と言うか、早い夕食はやはり宮津の富田屋。

もっと、いっぱい食べたかったけど、あまり食べれなかったと、ミョコさん。

2

いえいえ、充分だと思いますよ。

「私たちカニ食べてきました」だけじゃなく、冬の丹後、食べてきました。

ですよね。

良いもん、来週末、私はブリしゃぶで有名な天橋立の「鳥喜」でブリ三昧ですから。

こんな写真もありました。

◆焼きガニ(目の前の特製兜で)の正体がわかったよ。

   Imgp0025

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お昼の「立峰」

KOBAさん(実は妹)が日帰りで実家に帰って来ました。

目的は今阪神間で話題の「阪急ガーデンズ」に行くこと。

近いといつでも行ける~ぅってじっくり行ったことがないので、この際だから案内も兼ねてお付き合いしました。

でも、その前にせっかくフリー(ひとり)で帰って来てるのだから、ゆっくり美味し物でも食べようと、実家の両親を誘ってお昼の「立峰」を予約。

独断と偏見で、夜は昨年の秋に2回行ったことがあるので、だからお昼です。

どうにか、カウンター席ですが予約が取れました。お昼は人気があるのですね。

お昼はお弁当で1680円と2100円のコース。

たぶんお刺身と食後のコーヒーの違い。

せっかくなので2100円のコースをいただきました。

0911まずは八寸と食前酒。

私が立峰を気にいった理由の一つがこの八寸。

毎回、季節や時期によって工夫がされている。

ちょっとオーバーですが、日本料理の良さは季節感があること。

0912_2お皿の上は節分。早くも春です。

鬼は長イモに田麩、黒ゴマの目が鬼っぽい。

梅はピンクに染めたユリ根。

鶯は千社唐(ちしゃの茎で山クラゲの材料らしい)

けしの実をあしらった牛蒡は鬼の金棒。

ミニイワシの佃煮。

豆まきの枡は卵焼き。マメは黒豆。

もちろん、どれを食べてもそれぞれが美味しい。

1

ちなみに秋に行った時は右の落ち葉や栗の秋尽くしでした。

特別な食材は使わず、楽しませてくれる。技ありですね。

さすが、もと播半の総料理長をされていた方。

0913

扇を模ったお弁当箱。

お刺身はいか・ヒラメ・マグロ。

椀物ははんぺん(自家製)に菜の花。

お出汁が利いてて美味しい。

0916

器は播半で使われていたものらしい。趣が感じられます。 

  0914

0918 0919

左、手前から鯖のとろろ昆布巻き
   親芋・筍・生麩・蕗・あげ湯葉巻きの炊き合わせ
   奥に海老・鶏の焼き物

右、手前左は金柑の甘露煮・奥は伊達巻き
   八幡巻き・ごまめ・ぶりの照り焼き・菊蕪
   右端は生麩の田楽

一品一品丁寧に仕上げられものが全部で15種類。

ほんのりピンクの梅の花を模ったご飯。

自家製のちりめん山椒が真ん中に。

思ったよりぎっしり詰まっていて、ボリュームがある。

充分お腹いっぱいに。

09111デザートはオレンジのゼリー。

そして、食後のコーヒー。

コストパフォーマンスは申し分ない。

高価なものはないけど、満たされた気持になります。

ありふれた食材を満足の一品に。

いい仕事してますね(*^ー゚)b グッジョブ!!

価値のある2100円です。

場所が場所なら3500円と言われてもおかしくないかも。

リピターが多いのも納得。季節ごとに、楽しみたいのが分かる。

今回、カウンターに立ち、目の前でお魚とかを捌いていたのが、女性の板前さん。

花板さんは料理長だから、立板さんと言うのでしょうか。

お仕事中ですが、快くおばさんの質問に答えていただきました。

09112板前になって5年だそうです。

我が家のミョコさん世代かな。

板前さんは結構力がいるので小柄な女性には大変だそうです。

今はほころびかけた蕾ですが、近い将来、素敵な花板さんになって下さいね。

同じ女性として、いや、娘を見ているようで、応援したくなるのはすっかりおばさんの習性。

お店は見過ごしてしまいそうな質素な表構え。

でも、中身は本物です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

面接(初めの大一歩)

面接と言っても入試とか就活とかではありません。

KOBAさんが受けたパピーウォカーの面接のお話です。

昨年の末、KOBAさんは盲導犬訓練所のある日本ライトハウスにパピーウォカーの申込みをしました。

そして、今週の初めパピーウォカーとして委託できるかどうかの面接がありました。

盲導犬となるワンちゃん達を育てるボランティア。

将来、盲導犬として大切なお仕事をするワンちゃんを預かるのだから、簡単なものではありません。

面接の結果はOK。早ければ4月ぐらいから委託が始まるそうです。

預かるにあたり、たくさんの決まり事や注意事項があるそうです。

それは、今まで飼っていたペットとしてのワンちゃん達とは全く違う接し方をしなければならないようで、戸惑うことがいっぱい。

でも、どうしてそうしなければならないかと言う理由を聞くとなるほどと思います。

たとえば、餌は絶対に人の手からあげない。

これは、盲導犬として、食事の場所でお仕事をするとき、食べ物を欲しがってはいけないからだそうです。

それから、ボール投げや、引っ張りっこなどの遊びを人としてはいけない。

もし遊ぶ場合は、自分(ワンちゃん)だけで遊ぶ。

犬は人と遊ぶのが大好き。でも、お仕事中に遊んではいけないので、出来るだけ人と遊ぶことを覚えさせないためだそうです。

食事、トイレなど、必ず許可があってからするようにしつける。

これは、お仕事中はすべて我慢しなければいけないので。

顔をなめさせてはいけない等々。

これは、KOBAさんから聞いたほんの一部です。

こんなにたくさんの我慢を教えてワンちゃんが可愛そうでは・・・。

素朴な疑問です。

2でも、このワンちゃんのように、盲導犬は実に楽しそうにお仕事をしているそうです。

犬種として人が大好きな性格であるようで、人のために働くのが楽しいのかもしれません。

そしてどの犬も、凛として誇らしげだそうです。

やはり、子犬のころから厳しい訓練に耐え盲導犬になった自身のあらわれなのでしょうか。

4

右の写真のようなパピーちゃんがKOBAさんちにやって来るのは、春になってから。

最後に、KOBAさんが言っていたことで一番納得できたのは「たくさんの我慢をしなければならないのだから出来るだけたくさんの愛情をあげないといけない」

パピーとして預かる10か月間に人といるのはこんなに楽しいと思えるようにいっぱい愛してあげるのがパピーウォカーの役目。

それから、叱る時はつべこべ言わずにNO。

上手く出来たら、とにかく褒める。

これは、人間の子育てにも言えることかな。

私の子育ては真逆だったかも知れないとちょっと反省。

11月の中旬。パピーウォカーになりたいと聞いてから、トントン拍子に話が進み、ここまで来ました。

これはKOBAさんの挑戦の「第一歩」 

いえ、あえて大きな一歩と言う意味でタイトルは「大一歩」

これからも、私のブログでKOBAさんの挑戦を記事にしていきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブログパーツ追加

我が家の住人にハムちゃんずが仲間入りしたのを記念して。

ブログパーツ「ハムレース」を追加しました。

ブログに遊びに来られた皆さん、お時間の許す限り遊んで行って下さい。

startをクリックして下さい。ハムちゃんが走り始めます。

クリックで方向を変えて、道から外れないように進むだけ。

簡単なようで、適当に難しい・・・?

書きたいことが2・3溜まっています。

「KOBAさんの挑戦」とか「ミルクケーキ」のこととか。

週末予定している「立峰」の昼食会とか。

丹後カニツアー・ミョコさん編(現在進行形で取材依頼済み)とか。

また、明日以降にでも(⊃ω・`。)ネルネ・・♪オヤスミ*。:゚・☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早めの予約を・・・

昨日夕食の準備をしていると、テイヘンさんから携帯に電話が・・。

ナニゴト・・??また何かあったのかな(゚ε゚*)どぅしたの?

「今珍しい人と飲んでるんだけど、Manga来ない?フクスケと一緒なんだけど」

フクスケ‼ 確かに懐かしい。

フクスケいや先輩なのでフクスケさんかな。

私の所属していたキャンプのカウンセラーの団体「かぶとむし」のメンバー。

しかも大学の学部は違うが一こ上の先輩。

懐かしい・・・。思わず行くって言いそうになって、飲み込んだ。

「あのう、これでも私主婦なんですけど、大したことはしないけど夕食作らなくてはいけないんですけど・・・。」

「あっそうだった、ごめんごめん」とテイヘン。

あれーぇ??ひょっとしてすでに出来上がっている・・・?

時間はまだ19時過ぎ。なんでも17時半ぐらいから飲んでいるようで、自分でも認めてた。

しかも、もう一人仲間が増えたようで「エーちゃんもいるよ」ってねえ。

これって学生の時の飲みメンバーじゃないの。

飲むと「しゃべくりのテイヘン」「お説教のエーちゃん」「ひたすら楽しそうなフクスケ」

ホントにいくつになってもしょうがないなぁ。

でも、羨ましい・・・・。

むかし昔、主婦になるまでは、突然のお誘いもOKでしたよね。

飲めないけど、絶対参加してた私。

理学部という男子ばかりの学部育ちのせいか、周りの皆さんからはほとんど男子とおなじ扱いだった私。

根っからの宴会娘(過去ですが)でした。

ホントに(`・д・´)モウと言いながら、筑前煮を作る私。

「Manga来ない・・?」っていう懐かしい響き、ちょっと嬉しかったかな。

でも、今度は早めに誘ってください。Juniorもある程度手が離れたので、予約してくれたら参加できますから。

それにしても、昨日って月曜日だよね。彼らは今日、大丈夫だったんだろうか・・・?

それから

「私にも来ないって言ってたけど」ってウランさん情報。

「お互いにまたの機会に参加しましょうね」ってことになったから、セッティングよろしく。楽しみにしてますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お正月メニュー番外編♪o<( ´∀`)っ┌iii┐

神戸育ちの母を持つ私。

お菓子と言ったら迷わずケーキ。

和菓子より洋菓子派なんです。

喪中の妹家族がいるので新年の挨拶メインのささやかなお食事会。

でも、やっぱり、デザートは外せない。

  1

パティスリーブラザーズのシュークリーム。

パティスリーブラザーズ」(これはオーナーのブログです。お店のHPもありますがManga流にブログにリンクします)

母が買ってきてくれたケーキ(バームクーヘン)を食べただけなので、私自身、お店には行ったことがない。

これも、いただき物なので、近々、行ってこようと思います。

2

で、シュークリームの感想は・・・。

皮はアーモンドが利いて香ばしい。

クリームはたっぷり。

カスタードと生クリームのダブルクリーム。

タマゴっぽい又は生クリームぽいと言うより牛乳ぽいクリーム。

見た目、かなりボリュームがあるので、半分コして食べましたが、生クリームがあっさり系なので1ついけたかも・・・。

私の好みはカスタードぽいクリームなのですが、食後のデザートとして食べるのならこれぐらい軽い感じのがいいかも知れません。

ちなみに私が気に入っているのは、「ツマガリ」のシュークリームです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

遅ればせながらお正月メニュー編

なんか体がシャンとしないまま、1週間が経ち気がつけば十日戎も終わり、正月の事書いたっけ・・・・?

大変だ、書かないと。

092

魚政さんに送ってもらった蟹とかえく子さんのワインとか。

今年のお正月料理を代表して、ご挨拶(?)です。ハイポーズ。

まずは蟹。10日で禁漁になるメスの蟹。せこ蟹(こっぺ)。

 091 093

丹後の魚政さんでお取り寄せしたせこ蟹のメガセット(お徳用10匹入り)

10匹お皿に並べるとちょっと怖い・・・。

いつも賑やかな実家でのお祝い風景(総勢10人)ですが、今年はみんな無言で黙々と蟹に挑んでました。

外子も内子も蟹みそも、足の先までしっかり身がある。

食べ方の指南役はその道ウン十年のベテラン、義母さんです。

そこ外して、甲羅を反対にしてそれをお皿にする。蟹の身をそこに集める。とか、秘伝の技を教えていただきました。

もちろん師匠の完食するスピードは群を抜いていました。

いやぁ~。美味しかったボーノ( ゜д゜)σ)・ω・`)

蟹との無言の戦いを終えると次は海老です。

 091_2 092_2

今話題の鬼海老(ゴジラエビ)

魚政さんでお取り寄せした1箱みんな並べるとキショい・・・・?

この海老こそ、戦いというに相応しいかも。

この鎧を着たような姿。ゴジラエビといわれる所以です。

当然、このトゲトゲ鎧を剥かなければ美味しい海老は食べれない。

あちこちで、痛い、でも美味いの大合唱。

09

鎧の下にはとろけるように甘い身が。

頭はもちろん塩焼きでしょう。

約20匹の海老の頭の写真はあまりにもキモい。

とか言いながら、しっかり完食。焼くとお味噌が一段と甘くなり、これは珍味でした。

09_2 まめっちさんのゴマとガーリックのきいた甘辛い醤油味の手羽先のから揚げ。

食べだしたら、やめられない味。

残ったらもらって帰ろうと思っていたのに、みんな食べられてしまった。

レシピ教えて下さいね。

083

本来なら主役はこれ。

本格お節料理。

もちろん料理屋さん、宝塚小浜の「かしよ」のおせち。

1年に一度、プロの味が堪能できます。ありがたい。

後、こんなのもありました。

09_4 09_5 Photo_2

お刺身に自家製いか明太、ごま油風味の温野菜。

実は他にも用意していたのですが、こんなに一度に食べられる訳はない。

生ものから先にイタダくことにして、日持ちのするものは、次の日にでも・・・・・。

毎年、食べきれないのにナゼか用意してしまうのです。

お正月だからかな。

2

そして、The日本のお節料理に合うのがえく子さんのドイツワイン。

「ラインヘッセン リースリング シュペートレーゼ ‘S’ 白辛口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハムちゃんず(仲間ができたよ)

12月30日、幕張方面をうろついていたミョコさんからmail

先輩宅に行った「かわいそうなハムちゃん」を引き取って欲しいとのこと。

先輩が寮住まいなので、やはり飼うのは難しいらしい。

出来れば、早い方がいいようなので、さっそくミョコさんがもらいに行きました。

そんなわけで、大晦日、ハムちゃんが我が家へやって来ました。

1

この子「ちゃぷちぇ」と言います。

2

引きこもりのヒッキー(右の写真)とおなじゲームセンター出身です。

ヒッキーより少しお兄ちゃん。

この子は意外にも人馴れしている。

無理に捕まえようとしなければ、とりあえずは手を怖がらないみたい。

Photo 4 3

カメラを全然嫌がらないので、こんなに近くで撮影できます。

好奇心旺盛なのか、カメラにまとわりついて来る。

もう少し時間をかければ、手乗りハムちゃんも夢じゃない。

問題は、ヒッキーなんですが、仲間が増えて安心したのか、急な動きや音を立てない限り、逃げることは無くなったみたい。

ここ数日前からは、ゲージ越しに指先を舐めたりするようになった。

飛躍的に進歩しています。

ただ、このハムちゃんは2匹とも男の子なので一緒にはできません(触らせてくれなかったので性別が分からなったのですが、後日、最初の子は女の子と判明)

以前は同じゲージに入っていたらしいが、一度離すと無理だと思います。

ハムスター、特にジャンガリアンは、縄張り意識が強いので同性同士は激しくケンカします。

うっかり接近してしまい、それを止めに入って噛まれたり、手に別のハムちゃんの匂いが付いていて噛まれたことが何度かありました。

見た目、ジャンガリアンハムスターは小さくて可愛いですが、大きいゴールデンハムスターに比べたら、気が荒い。

これからも、たまに、この子たちの様子をUPしていきますね、ネタに困ったら・・・・。

それから、この子の名前ですが名づけ親の先輩には申し訳ないのですが、たぶん本名では読んでもらえそうにはありません。

今のところ、私は、チャプチャプとか、タプタプとか呼んでます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お雑煮その2

さっそく、コメントに書き込んでいただいた「我が家のお雑煮」です。

まずはフーさん。

雑煮も白みそ等色々あるようですね。

我が家は「すまし汁」で具は少し焼いた餅に水菜若しくはほうれん草、人参、大根、こいもですね。今年はほうれん草でした。

お酒を飲んでおせちを食べての後は「すまし汁」の方が喉ごしも良いように思いますね。

このお雑煮はお正月の宴会の締めにはもってこいですね。

フーさんのお宅はご近所。

同じ地区にあっても、家庭によって違いますね。

それから、静岡のかおりさん。

だしは本かつお削りぶしで取り、年末から用意していた昆布だしも少しまぜてみました。

具は蒲鉾、京菜(水菜)、油揚げ、大根、八頭(注)、人参、冷蔵庫の余り物という感じは否めませんが蒲鉾から少しおだしもとれますよね。

あと、大好きな八頭がほっこりしておいしいですね!

そしておもち、焼いたりしても香ばしくていいのですが我が家はおだしもおいしさのひとつのため、油揚げでくるんだおもちなのです。だしが染みておいしいですよ!

注)八頭・・・親子兼用種。親いもと子いもが分球せず塊状になる。ほっくりとして味がよいので、煮ものやおせち料理に使われる。

注目は油揚げでくるんだおもち

たぶんこちらで言う餅巾着(餅入り巾着)でしょうか。

おでんには入れますが、お雑煮は初めてです。

これは、しっかり味が染みるまでお餅が煮れるので、美味しそうです。

美味しい鰹節のお出汁を活かせるお雑煮ですね。

今度、普段の夕食に真似してみます。

投稿ありがとうございました。

まだまだ、お待ちしております(★´ε`)ォネガィ(★_ _)シマス♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お雑煮その1

我が家のお雑煮です。

と言っても、元旦は実家でお祝いします。

だから、義母さん流のお雑煮です。

   2

ベースは関西でよくある白みそ雑煮です。

中に入っている具は出来るだけ丸にこだわる。

  • 丸小餅 焼かない
  • 人参 細めの金時人参 薄めの輪切り
  • 大根 雑煮大根と呼ばれる細大根 薄めの輪切り
  • 牛蒡 薄めの輪切り
  • 小芋 薄めの輪切り
  • 豆腐 采の目切り(これだけは四角です)

1

この中で豆腐は義母さん独自のものだと思います。

そのほかの具は私の実家も同じです。

昨年よりお出汁は塩谷さんの鰹節を使い私が出します。

もちろん、カレーうどんのところで載せた、例の「水だしお出汁

白みそは、今回は府中味噌系。

以前、義母が気に入っていた白みそが最近手に入らないので、ここ数年違うもので代用しています。

私の実家は元旦は白みそ雑煮で二日はお澄まし雑煮です。

どちらかというと、私はお澄まし雑煮の方が好きなので、普段でも夕食の汁物がわりに作ります。

今回、撮影用に作ってみました。

   5

中の具は

  • 丸小餅 焼く
  • 鶏肉(今回はもも肉) さっと湯を通す
  • 焼かまぼこ お正月は紅白とかおめでたい物で。
  • 三つ葉

お出汁は水だしお出汁に薄口醤油・みりん・塩で味付けしたもの。

お餅を焼くので香ばしくて、お澄ましなのでさっぱりしている。

我が家の住人は、ほぼこのお雑煮派です。

info02こんな感じに我が家のお雑煮を紹介して下さい。

続きを読む "お雑煮その1"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

緊急告知

ブログに遊びに来ていただいている皆様に緊急告知です。

静岡のブログ友達かおりさんと、「年明けにお雑煮談義をしましょう」なんて話していました。

お雑煮は地方によって、ご家庭によってさまざまのようです。

という事で、勝手にブログ友達コラボ企画σ(*´∀`*)ニコッ☆

「あなたのお雑煮教えて下さい」

お持ちのブログでのUP。

コメント参加。

お雑煮のデジカメの写真などがある方は、コメントにメールアドレスを添付してください。メールアドレスはブログ非公開です。改めて、私のアドレスをお知らせしますので、写真を送っていただけたらブログに載せさせていただきます。

期間は気長に1月末いぐらいにしようかな。

たくさんのご参加お待ちしております。

待ってまぁ─ヾ(*’∀’*)ノ゙─ぁすッッ☆♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

今年もどうぞ宜しくお願いいたします

2009年........廿TT~......廿TT~.......... 牛

新しい年がはじまりました。

  Photo
   (阿蘇の放牧場の牛さんです。しかるべきフリーサイトからダウンロードしました)

今年も、私&ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。

昨年の3月の末にブログをはじめて9か月。

我ながらよく続いたと思います(。-ω-。)ヾ(・ω・*) エライエライ

アーカイブを読み直して、気がついたのですが、テーマーが一定ではない。

動物で言うと、雑食・・・・(●´~)ぅ~ム…

いろんなことに興味があることは良いことだと言うことにして。

これからも、できるだけマメに更新していきます。

(9`・ω・)9頑張リマス.  ので ヾ(〃・`Д´・)ノ[夜]*[露]*[死]*[苦]

info02 私事ですが、昨年は後半、身近な人が他界され、身内に喪中のところが多いのでお祝いの言葉を控えさせていただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »