« 冬の丹後半島(ほぼ一周)1日目 | トップページ | ハムちゃんずその後 »

冬の丹後半島(ほぼ一周)2日目

ほぼ1周 2日目です。

house → rvcar福知山IC → 由良川沿い(みかんの直売場) → restaurantお食事処 双子岩 → camera天橋立 傘松公園 → spa鳥喜旅館泊restaurant → pass文殊堂 → camera大天橋 → camera伊根 → wave経ヶ岬 → camera袖志 → presentとり松(ばら寿司) → restaurant網野駅前 まるみ食堂 → fish魚政 → 宮津 → 由良川沿い → present新冶製菓舗(丹波勝栗もなか「笑鬼」) → rvcar福知山IC → house

鳥喜で朝食の後の果物とコーヒーをいただいてゆっくりしてから、近く(裏)の文殊堂へ。

鳥喜は11時チェックアウトなので、朝まったりしてから出発できます。急ぐ旅が苦手な人にはぴったりです。

三人寄れば文殊の知恵の「文殊堂」(智恩寺)から天橋立「回旋橋」を通って大天橋付近を散策。

 Photo  3

 2  6  

  人で賑合う文殊堂 & 大天橋から見える対岸の宮津

  廻旋橋から見える天橋立 & 開かれた廻旋橋

天橋立をあとにするころ、ようやく青空がのぞきはじめた。

次のポイントは舟屋で有名な伊根。

道の駅 舟屋の里「伊根」に立ち寄りました。

091 伊根につく頃には青空が広がり、風は少し冷たいものの、小春日よりになりました。

防波堤には釣り人の姿。

092 道の駅の小高い丘の上に立つ鰤と鯛のモニュメント。

春の訪れを感じて、気持ちよさそうに泳いでいるみたい。

と、観光バスが停まり、一眼レフ(デジタルかな)をもったシニアの団体が・・・。

あっという間にレンズの砲列です。

先生と呼ばるプロぽい人に教えを乞うおば様たち。女性が多いのも驚きです。

それもそのはずフォトツアーの団体さんでした。

昔はカメラは男の領域的ですって感じでした。

わたし的には女性が楽しむようになったのは良いことだと思います。

と、私もその仲間です。

     094_2

それにしてもおば様がたのお持ちの望遠レンズに、私がたどり着けるのはいつの事やら。レンズ基金設立中です。

 093_2  1_2

  穏やかな伊根湾 & 丹後の先端 経ヶ岬付近

 0923_2  082

  袖志はやはり冬の海 & 夏の袖志、穏やかです。

網野の「とり松で昼食」のハズだったんですが、お昼は午後2時まで。

だったら、夕食に買って帰ることになり、予約の電話を入れました。

お昼は網野駅前「まるみ食堂」

THE駅前食堂ってお店。味は少し甘めですが、ボリュームはあります。

余談ですが、一昨年の夏訪れた時、15歳になるレトリバーの老犬が迎えてくれました。

が、その年の暮に天国に旅立ったと、お主人に伺いました。

なんかKOBAさんところのチコちゃんと重なるなぁ~。

そんな食堂を後にして、うおけんさんでおなじみ「魚政」に。

美味しい干物をお土産に買って、宮津経由で福知山を目指します。

途中、お土産に新治製菓舗によって「丹波勝栗もなか 笑鬼」を買って、家路に。

今回はゆっくりのんびりの旅なんて思っていたけど、結局、盛りだくさんの旅になってしまった。

忘れてた。袖志ととり松の間に宇川温泉「よし野の里」に寄ったのを。

Photo 温泉内にある直売所です。

地元の生産者の人たちが○(えん)の会と言うのを作って、運営されているらしいです。

私はここのお野菜が好きで、丹後のお土産に買って帰ります。

今回も、ホウレンソウや菊菜、春キャベツにブロッコリーの脇芽、岩津ねぎなどレジかごいっぱい購入。

Photo_2 そうそう、早春の味「ふきのとう」も買いました。

ホントは摘みに行けばいいのですが、まだまだ寒いので、買っちゃいました。

蕗みそもしてみたかったのですが、今回は天ぷらでいただきました。

地元の海産物や農産物、名物料理や銘菓。

やっぱり、よくばりな旅になってしまった。

|

« 冬の丹後半島(ほぼ一周)1日目 | トップページ | ハムちゃんずその後 »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

帰国したばかりですが、日本列島も捨てたもんじゃないですね!とかく海外にばかり目がいきがちですが、四季のある日本も折々素敵な表情を見せてくれますものね。
母が元気になったら一緒にまた京都へ行く予定です。
そういえば日本では入った場所が少ないな。

投稿: かおり | 2009年2月20日 (金) 08時42分

私は日本が好きです。
まず、語学の壁を乗り越えれないからだと思いますが。
アウトドアが好きで、自然の中で遊ぶことが多いのですが、日本の自然は日本人の体質に合うのではと思うので。
私は一年中同じような風景は我慢できない。四季にいろんな風景に出会えるから、飽きないのです。
それに、旬の食べ物を素材を活かして奥深い味わいに変える、日本食が好きです。
海外には雄大な自然や美しい場所はたくさんあります。が、観光として訪れるのは良いですが、こじんまりとしてても、日本の自然が性に合うのかも知れません。

投稿: manga | 2009年2月20日 (金) 19時01分

女性のカメラマン急増を実感しています。デジカメが普及したからと思いますが私のデジカメ4台(内2台はお蔵入り)です。
女性の進出は喜ばしいことですね。

投稿: 梅干し | 2009年2月21日 (土) 07時13分

デジカメは軽くて扱いが楽。何よりも撮ってその場で確認ができること。邪道だって言われるかも知れませんが、ちょっとした失敗もPCで修正ができる。
結局、私も今使っているcameraは携帯のカメラを入れて4台あります。
最近、急増する写真データーのために外付けのハードディスクを設置しました。500Gあるから当分いけかるかな。

投稿: manga | 2009年2月21日 (土) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/28197031

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の丹後半島(ほぼ一周)2日目:

« 冬の丹後半島(ほぼ一周)1日目 | トップページ | ハムちゃんずその後 »