« ただ今冬の丹後満喫中 | トップページ | 「鳥喜」お風呂・朝食 »

天橋立「料理旅館 鳥喜」 ブリしゃぶコース

うおけんトラベルで紹介してもらった、天橋立の「料理旅館 鳥喜」でブリしゃぶコースを頂きました。

  6_2

まずは先付
奥のグラスは蟹・いくらのジュレ
左から、飯ダコ・ゼンマイの煮付けと空豆
     湯葉豆腐に鯛のこのわた
     干瓢の酢味噌和え
     生麩(餡入り)
手前は大根の西京漬け

7_2 8

左、白子豆腐。するっとした感触と白子のコクが絶妙。

右、噂の鳥喜だんご。海老やホタテや魚のつくねだろうか。病みつきになりそうな味。
追加で頼みたいと思ったぐらい。

10 9

お刺身は剣先イカ・サーモン・シビ(鮪の幼魚)・ヒラメ
もちろんすべて天然もの。ヒラメはモチモチ。ホントに美味しいサーモン。

お魚のお皿に盛られた、ブリ刺し。
しっかり脂がノッテいるのに、こってりしない。不思議?甘いおろしとの相性がいい。
やっと、本物のブリ刺しに出会えたって感じ。

 11  12

お鍋が用意されて、ここで、本日の主役の登場です。
その前に、お鍋のお出汁に浮いているのは大根おろしです。

鳥喜はブリしゃぶ発祥の旅館。

女将さんのお話では、30年ほど前にご主人が、ぶりはお刺身だとあまり食べられないので、沢山食べれるようにとブリしゃぶを考案されたそうです。

  13

じゃーんブリです。お皿に花が咲いたよう。光線の具合で少し光ぎみですが、実際しっかり脂がのっていました。今回は氷見産の14Kgのブリだそうで、先ほどお刺身でいただいたのと同じもの。

お刺身などは地元産ですが、ブリはその日いい物を伊根と氷見で仕入れているそうです。

女将さんにブリしゃぶのコツをレクチャーしていただきました。

必ず自分の分は自分で。お箸から離さず、やり過ぎると身がほぐれてしまうので、表面の色が変わる程度に。「シャブ・シャブ」ぐらい。

ポン酢に薬味でいただきます。

「おお・おいし~い」お刺身で食べた時より余分な脂が落ち、甘味が増している。

それにしても、たっぷりあります。女将さんが数えて下さると、一人8枚も食べれる。

両親は今まで出た料理でおなかが満たされつつあるので、蝶屋さんと私でその分も頑張ることに・・・。

と、またまた、お料理が運ばれた来た。

14 16 15_2

左、ブリの蓮蒸しのあんかけ

中、ブリのあら煮、牛蒡と煮浸けてあります。

右、珍しいお吸い物仕立てのブリ大根。
  焼いたブリが香ばしく、薄味でもしっかり浸みた大根が美味し。

エー!まだあるの。もう無理かも。

と言いつつも、自分の分はしっかり完食。

ところで、締めにお雑炊があるのでは・・・。

う・う、動けない。食べ終わって放心状態のみんな。

しばらく時間が経って、少し動けるぐらいになったころ、絶妙のタイミングで「お雑炊させていただきます」と女将さんが雑炊セットを持ってやって来ました。

お腹いっぱいですが、お雑炊のスペースは空けておきました(野菜とお義母さんの蒸し物は残してしまいました。ごめんなさい)

17 女将さんに勧められお出汁だけで味見。何これ、ブリの味だけでこんなに美味しいの。思っていたより上品なお味です。

針のように細く切られた海苔をのせていただきました。

一杯目は少し塩味が立つ感じ、さらっとしてて一気に食べてしまいました。

おかわりをした蝶屋さんの「二杯目の方が味がなじんで美味しい」と言う言葉につられ、私もおかわり。

18 「ホントだこっちの方が断然美味しいです」と言う言葉に今度はお義母さんがおかわり。

「皆さん、もう食べれないとおっしゃって、引きに行くとお鍋の底が見えています」という女将さんの言葉どおりになりました。

蟹雑炊も美味しいですが、ブリの方が上品で、あっさりしているような気がします。

最後にデザートにイチゴが出ました。地元産のイチゴだそうで、これも美味しかったです。が、写真はついになしです(今回は頑張ってイチゴ以外は撮りました)

こんなに美味しいのを食べたら、たぶん、しばらくブリは食べれないかも知れないね。

またまた、長文になってしまった。他のお料理も一品一品美味しくて、語りたいことがたくさんあるけど、長くなるのでこの辺で。

気になる方はぜひ行ってみて下さい。

美味しいもの好きにはぴったりの旅館です。

この旅はまだまだネタがあります。

鳥喜のお風呂(天然温泉)や朝食のこと。

1日目のお昼に行った富田屋の姉妹店「双子岩」のこと。

おいおい、書いていきます。お楽しみにφ(・ω・。)かきかき

|

« ただ今冬の丹後満喫中 | トップページ | 「鳥喜」お風呂・朝食 »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

雑炊、そばんちではそば雑炊です。鴨味、梅味の2種類があります。

投稿: そばんち | 2009年2月14日 (土) 09時11分

そば雑炊それは珍しい。
そばんちさんのメニューは斬新ですね。

投稿: manga | 2009年2月15日 (日) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/27970247

この記事へのトラックバック一覧です: 天橋立「料理旅館 鳥喜」 ブリしゃぶコース:

« ただ今冬の丹後満喫中 | トップページ | 「鳥喜」お風呂・朝食 »