« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

お祝いの会IN立峰

ミョコさんが学業を修了して社会人になるのでお祝いの会を「立峰」でしました。

お祝いの会ですが、これまでなるのに多大な力添えをいただいた、両祖父母への感謝の会でもあります。

ゆっくり会話を楽しみながらお食事をしたいので夜のコースを予約。

 0931  0932

先付はクラゲの海鼠腸。

八寸は土筆に見立てた牛蒡・桜の花弁はユリ根・白魚寿司・神戸の春の味覚「イカナゴの釘煮」・空豆の巻き揚げ。春ずくし。

椀物は豚の背脂とウドのお吸い物。しっかり下処理された豚の脂身とウドが絶妙。

 0934  0935

お刺身は車海老・よこわ・平目・烏賊。1月に食べたランチのお刺身のワンランク上って感じ。

煮物は蕪と蕗と鰻(玉子豆腐のようなもの間に)。蕪が中までしっかり味が染みているのに煮崩れがしていない。技あり。

 0937  0938

焼き物はアブラメの蒲焼。アブラメは小骨が多いので、丁寧に骨切りをしてありました。蕗の佃煮と山椒の葉を添えて。

和えものは芹の雲丹和え。立峰の名物、ユリの花の器。

 0939  09310

蕨と鯛の蒸し物。お出汁は鯛から出る出汁に味付けは塩味。

揚げものは米茄子のはさみ揚げ。ウスターソースを使った葛あんが斬新。中華の甘酢あんのソースバージョン。真似してみようっと。

09311 止め椀が赤だし。ご飯に香の物。少し甘めの煮昆布は自家製。たぶんお出汁を出した昆布を煮たもの。

材料を無駄にしない。日本に昔から伝わるエコの精神。

水物が柑橘系の寒天。

今回も5000円の会席。

オーソドックスながら、ひと工夫されたお料理。毎回、目で舌で四季を感じれる。

日本料理はやっぱりいいなぁ。

格式ある場所じゃないけど、ゆっくりお食事が楽しめる。

すっかりリピーターの私です。

それから、この食事会、ミョコさんの奢りと言う事で、ごちになります。

立て替えときますから、初月給でよろしく。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

脱エンジェル係数\(@^0^@)/♪

めでたく我が家の住人のミョコさんが、学業課程を卒業しました。

そして、我が家にとって脱エンジェル係数の記念すべき日になりました。

思えば、ただひたすら学資と言うものを払い続けた日々。

投資のつもりでなんて。

宝くじより確率が悪いヘ(-′д`-)ゝヤレヤレ..

とにかく解放される記念の日なので、卒業証書伝達式なるものに行ってきました。

と、言いても、馴れない袴で身動きが容易ではないミョコさんの運転手と付き人としてですが。

P1000457 4年間通った自然豊かなキャンパス。

町からほど遠い、小高い山の中腹にあり、いったんキャンパスに入ると、ちょっと「お茶しに」なんてことは不可能な場所。

暇つぶしに授業に出るしかないなんて声も聞こえる。

四季折々に自然を楽しめる、自然派オタク系学生にはぴったりのキャンパスでした。

P1000458 まずいまずいと言い続けた学食のラーメン(確かに、イマイチ)

何年か先にはこのイマイチラーメンも懐かしい味になるはず。

今は気付かないけど、人生でこんな素敵な時間はなかったと、思う日がくると思います。

卒業おめでとう(お互いに)

がんばれ、社会人一年生。

続きを読む "脱エンジェル係数\(@^0^@)/♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お互いに多忙です

KOBAさんも三男(エフォートくん)のお世話で多忙です。

相変わらず、ハミハミ(じゃれ噛み)との戦いでpaperはボロボロ。

NOと怒るのもコツがあるそうで、KOBAさんの言い方は優しすぎるらしく、訓練センターの方が言うとちゃんと聞くそうです。

ワン・ツーのトイレのしつけは一歩づつ前進のようです。トイレコーナーに連れて行くと必ずおしっこをしてくれる用になり、ワン・ツーの合図で場所が変わってもするようになったそうです。

12

信頼関係が深まると、訓練もうまく行くそうです。

と、忙しいので、要点だけのメール&KOBAさん家族歴1週間目の写真。

「我が家に来て1週間になりました」

それにしても、KOBAさんが写真を撮るとワンちゃんはみんないい顔するね。

良い関係が築かれているのが分かります。

「寝ぼけ顔の写真」と「出して欲しいんだけど顔の写真」

10 11

盲導犬は「厳しい訓練=可愛いそう」と思われていると、センターの方に伺いました。

私を含めこのブログに遊びに来てくださる方は、子育て経験や、会社での経験から、「厳しい」という言葉はマイナスの意味ではないと感じられていると思います。

人も、パピーちゃんも関門が厳しく険しいほど、それを超えた時に、大きくなれるのだと思います。

将来責任を持って社会に送りださなければならないから、わがままは認めるわけには行かない。

そして、それに勝る愛があるから、関門を超えれる。

なんてね、ちょっと熱く語ってしまいました。

それにしても、たった1週間でおっきくなったと言うか、お兄ちゃんになったよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと多忙です

ミョコさんの卒業式が終わり、新社会人になる準備のお付き合いで、ちょっととり込んでます。

いろいろ、その後、記事ネタは仕込んでありますが、多忙につき、当分UPできそうにありません。

ボチボチ、桜もほころんで来ました。が、今日から寒の戻り???

一気に学生気分を一掃して、研修期間に突入する前に、身辺整理をして欲しかったのに、イズコへ・・・・?ギリまで遊ぶのはやめて下さい。

とにかく、社会人になって要り用で無い物(ほとんど)は整理して下さいね。

私の経験から、このまま社会人になり、縁あって、別姓になったりすると、巣立った鳥の後には思い出の品が渦高くなんてなりかねないので。

きょうび、思い出はプライスレスですが、ゴミと化した思い出の品の処分は有料ですので。

社会人準備品なんて、物増える一方なんですが・・・・。

昨年のように、デジイチお伴に、お花見に行けるのかなぁ。

 086

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はじめまして(一周年記念ブログ)

昨年の3月17日にブログをはじめました。

自分でもこんなに続くと思っていなかった。

ひとえに遊びに来て下さるみなさまと、取材力の乏しい私に、記事ネタを提供して下さる方々のおかげです。

そして今回、一周年を記念してぜひ記事にしたいと思っていたことがあります。

はじめ繋がりと申しましょうか、KOBAさんが、先週末、念願の「パピーウォーカー」デビューしました。

34

「はじめまして、僕の名前はエフォートです。英語でEffortは努力するという意味があるそうです。努力して盲導犬に成れるようにと、付けてもらいました。」

31_2 32_2

「大好きなお母さんや兄妹たちと離れるのはさびしいけど、KOBAさん家族が待っててくれてます。

33_2

「ほらね、このとおり。お父さんの膝の上が僕の特等席。すっかりオネムです。」

とここまでが、パピーちゃんの独り言。

ここからは、KOBAさんのうれしい(?)悲鳴です。

dogちゃんに振り回され大変。寝ている顔は天使ですが起きると小悪魔ちゃんです・・・」というメールがきました。

おおぉっ!

おっとり見えるエフォート君。実はやんちゃくれのようです。

気になるので電話取材をしてみました。

「まるで育児中のよう。夜は2時間おきだし、昼間も目が離せない。やっと子育て楽になったのに、3人目ができたみたい。さしずめ三男というとこ」

「長男がdogに会いに下宿先から戻ってきているので、弟dogの子守りを頼んだのですが、全然役に立たない。お父さん(KOBAさんのご主人)が気を使って夜一緒に寝てくれたけど、dogより爆睡するし、おまけにいびきがうるさくて、私が寝れない・・」

まあまあ、お母さんは大変です。

これは、あくまでも私の意見ですが、「もし、エフォートが、今の時期から聞きわけが良くて凄くお利口だったとして、これから盲導犬になって、いっぱい我慢しないといけないことがあるのだったら、いつ、楽しんだり、わがままだったりするんだろうと、心配になります。せめて子犬の今だから、甘えん坊でやんちゃをしてもいいかもしれない。」と思うのです。

小さい時からいい子だった子が、大人になってそうじゃなくなる事がよくあります。

子犬らしくできる時期をがあってこそ、立派な盲導犬候補生になるような気がします。

がんばれママさん。

少なくとも、人間の子供を育てるより手のかかる期間は短いと思いますよ。

35_2

KOBAさんの愛情にどっぷりつかって、すっかり家族の一員。

きっといい子に育ちますよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

春霞???

今日は良いお天気のはずなのに?

なんか、霞んでる&空気が粉っぽい。

心なしか、風景が黄色っぽい。

まさか、スギ花粉?なっ、はず無いか。

0934

春霞なんて風流なものならば良いのですが・・・。

まさか例のアレでは??

そう言えばなんだか、のどがイガイガする。

沈む夕日もどことなく、粉っぽそう。

0936

こりゃたまらんと、逃げるように沈んでいく夕日。

0935

09310

09312

09313

やはりこれは「黄砂」の影響。

中国大陸からいろんな物も一緒に運んで来るという黄砂。

花粉症ではないですが、なんか、のどが痛くなってきた。

春の風物詩ですが、近年、激しくなっているような気がする。

これも、地球環境の悪化の表れでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールドコーストのいとこさん

Photo

従妹さんにゴールドコースト在住の人がいます。

Keiさんは20代の頃にオーストラリアに渡り、今はオージー(オーストラリアの人)と結婚して、1児のママになっています。

今回ミョコさんが卒業旅行でゴールドコーストに行くことになり、連絡を取らせていただきました。

メールで現地の様子や、向こうに滞在中もミョコさんが、何かとお世話になりました。

おかげ様で私の「オーストラリアの安くて美味しいワインをできるだけ買って来て」という要望が叶いました。

行きのケイシー君へのお土産「トイストーリーのバズ&ウディのフィギュア」のトランクスペースに帰りはワイン6本が収まり、国際郵便の高い送料のお世話になることなく、無事ワインが手元に届きました(運び屋状態のミョコさんです)

Keiさんがオーストラリアに渡ったのは1990年のこと。

途中、3年ほど日本に帰って来られたようですが、在豪16年になるそうです。

ミョコさんの話では、オーストラリア(ゴールドコースト)の人はおおらかで、親切で、あったかい、ヨーロッパを旅した時より、居心地良く感じたそうです。

314 2

観光地なんですが、どっぷり観光地って言うわけでもないらしい。

食べ物も、味付けがシンプルで、口に合うし、意外とアジアンレストランが多いので食べることには困らないみたい。

ミョコさん達は女の子4人でコンドミニアムに宿泊し、オプションツアーで食事が付いている以外は自炊したそうです。

スーパーで大抵の食材は揃うし、オーブンつきのキッチンでいろいろ作れます。

ラフな服装でゆっくりくつろいで食事ができるのでかえって良かったそうです。

宿泊場所の周りはお店がいろいろあって、ショッピングや食事もOK。

滞在型だから、ゆっくりできるし。そこを起点に、日帰りでいろんなところにも行けるみたい。

何より、自然豊かで、気候が温暖(沖縄ぐらいの気候)で、町全体がおっとりしている。行くなら、ゴールドコーストがお勧めらしい。

「15年ほどシドニーに住んで、1昨年にゴールドコーストに越してきたのですが、こちらに来てオーストラリアの本来の良さが残っていて、田舎ですが、私にはあっています」とKeiさんのメールにありました。

Keiさんが日本や家族から離れ、第二の故郷に決めた訳が分かるような気がします。素敵な場所です。

機会があったら、行きたい場所になりました。

Photo

ところで、Keiさんの愛息子、ケイシーくんがお土産に持っていたトイストーリーのウッディと就寝中の写真送っていただきました。いや可愛い。

でも、なぜウッディなのか?前はバズだったらしいのですが、バズはハードタイプのフィギュアなのです。一緒に寝るKeiさんに飛んで来るらしく、柔らかいタイプのウッディにしてもらたそうです。

喜んでもらえて、トランクのかなりのスペースを占領して届けてもらった甲斐がありました。

ミョコさんご苦労様でした。

追記です。

その後のKeiさんからのメールによると、ケイシーくんはやっぱりウッディだけでは物足りず、バズツインズ(前からいるバズ+お土産のバズ)をお伴に夢の中だそうです。一緒に寝ているKeiさんの見る夢は Oh )∵( my god !!

実はKeiさんは、格安旅行ツアーの先駆け、HISのゴールドコースト支店の新人スタッフさんなんです。

今回、ミョコさんがおじゃまするので、お土産を物色しようと思っていたところ、Keiさんが「旅ブログ HISゴールドコースト支店」というスタッフブログを教えて下さいました。

スタッフさん達が持ち回りで書いているそうですが、その日のゴールドコーストの様子やグルメレポート、観光ツアー体験記、果ては、スタッフさんの日常まで、このブログ見ているだけで、ゴールドコーストを楽しめちゃう(旅行会社さんごめんなさい)

今回は飲みスケさん達が集うワインのコーナーが大変参考になりました。

オーストラリア旅行を考えている方、一度覗いて見て下さい。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

もうすぐパピーちゃんがやって来る

KOBAさんところにもうすぐパピーちゃんがやってきます。

KOBAさんからパピーウォカーになりたいと相談を受けたのは11月の後半ごろ。

インターネットで盲導犬の訓練所を探して、連絡して、申込みをしてから、少し間が空いたので気長に待とうかななんて言っていたら、話が進みだすと面接があってトントン拍子に、委託が決まった。

そして、3月15日、パピーちゃんがやって来ることになった。

私の一番の心配は、犬好きのKOBAさんFamilyが、1年後かわいい盛りのパピーちゃんを手放せるかどうかでした。

昨日までは・・・・・・・。

夜、KOBAさんからメールが来ました。

「探偵ナイトスクープにパピーウォーカーさんの話が出るから見て下さい」とのことでした。

内容は10年前に預かった犬が今度引退してパピーウォーカーさんのもとに戻って来る。その前に一目盲導犬として働く姿をみたいと言う依頼。

ぺろぺろ大王というニックネームのあるお茶目なワンちゃんも、ハーネスをはめると立派な盲導犬に変身する。盲導犬ユーザーさんの目となり、支える姿は凛凛しくてかっこいい。

パピーウォーカーさんと過ごした1年間があるから、ユーザーさんを心身ともに支えれる。

ユーザーさんが「パピーウォカーさんが手のかかる大変な部分を引き受けて下さったから、私は一番いいところをいただいた。」と言う言葉に、パピーウォカーがいかにやりがいのあるボランティアだと言うことが分かりました。

その後のメールから、たぶんKOBAさんも同じ思いだと思います。

可愛い盛りのお別れは辛いけど、ユーザーさんの目となり、心の支えとなる、ワンちゃんは未来の灯だから、聖火のようにユーザーさんのもとにリレーされていけるでしょう。きっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろいろ変化の月です

3月1日 奈良のお水とりが始まった。

12日までの約2週間、行事が行われるらしいですが、このお水とりが終わると、関西では本格的に春がやって来る。

3月はいろいろ変化の月です。

4年間2時間かけて通った大学。

もっと言えば、幼稚園から始まった通学生活に別れを告げ、社会人になる者もいれば。

単身赴任生活から解放され、家族と暮らせる人もいるし。

夢だったパピーウォカーに挑戦する人もいる。

それを取り巻く人たちにも少なからず影響があります。

それぞれが何かとあわただしい毎日です

健康に気を付けてお互いに♪(*^ー゜)v(*^▽^*)*☆ガンバ☆♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »