« いろいろ変化の月です | トップページ | ゴールドコーストのいとこさん »

もうすぐパピーちゃんがやって来る

KOBAさんところにもうすぐパピーちゃんがやってきます。

KOBAさんからパピーウォカーになりたいと相談を受けたのは11月の後半ごろ。

インターネットで盲導犬の訓練所を探して、連絡して、申込みをしてから、少し間が空いたので気長に待とうかななんて言っていたら、話が進みだすと面接があってトントン拍子に、委託が決まった。

そして、3月15日、パピーちゃんがやって来ることになった。

私の一番の心配は、犬好きのKOBAさんFamilyが、1年後かわいい盛りのパピーちゃんを手放せるかどうかでした。

昨日までは・・・・・・・。

夜、KOBAさんからメールが来ました。

「探偵ナイトスクープにパピーウォーカーさんの話が出るから見て下さい」とのことでした。

内容は10年前に預かった犬が今度引退してパピーウォーカーさんのもとに戻って来る。その前に一目盲導犬として働く姿をみたいと言う依頼。

ぺろぺろ大王というニックネームのあるお茶目なワンちゃんも、ハーネスをはめると立派な盲導犬に変身する。盲導犬ユーザーさんの目となり、支える姿は凛凛しくてかっこいい。

パピーウォーカーさんと過ごした1年間があるから、ユーザーさんを心身ともに支えれる。

ユーザーさんが「パピーウォカーさんが手のかかる大変な部分を引き受けて下さったから、私は一番いいところをいただいた。」と言う言葉に、パピーウォカーがいかにやりがいのあるボランティアだと言うことが分かりました。

その後のメールから、たぶんKOBAさんも同じ思いだと思います。

可愛い盛りのお別れは辛いけど、ユーザーさんの目となり、心の支えとなる、ワンちゃんは未来の灯だから、聖火のようにユーザーさんのもとにリレーされていけるでしょう。きっと。

|

« いろいろ変化の月です | トップページ | ゴールドコーストのいとこさん »

KOBAさんのパピーウォカー日記」カテゴリの記事

コメント

tv見てくれてありがとうございます。正直私も1年後のお別れの時の辛さに耐えれるかどうか自信はありませんweepでも、自分が育てたパピーちゃんが盲導犬として活躍できたら、こんなにすばらしい事はないのではないかと昨日の番組を見て思いました。
お別れは悲しいです。今だにチコとの別れを引きずっている自分がいます。でも先日不思議な事がありました。パピーちゃんの委託の電話があった次の日に、私のmobilephoneが故障して、その中にあったチコの写真がすべて消えてしまいました。「私は天国で元気にしているから、パピーちゃんのお世話がんばってpunch」ってチコが後押ししてくれているようでお父さんが単身赴任先から急に帰れるようになった事も、それも委託の日に間に合うように・・・こじつけかもしれませんが、チコのおかげかなぁと思ってます。
委託日まで1週間、部屋のかたずけ頑張りま~す゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

投稿: KOBA(^_-)-☆  | 2009年3月 7日 (土) 09時46分

tv見ました。パピーちゃんには多くの障害者の手助けをして欲しい!と思いつつ、人間と違いご主人は1人なんですよね。
ユーザーさんの声や香りだけでなく温かさなどパピーちゃんにもつたわるからこそ、早期引退もあるんですね。
育てる楽しさがあり、同時に叱る厳しさも教えこまなければならないつらさもあると思いますが、愛情込めて立派な盲導犬に育ててあげてほしいと思います。

投稿: かおり | 2009年3月10日 (火) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/28505816

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐパピーちゃんがやって来る:

« いろいろ変化の月です | トップページ | ゴールドコーストのいとこさん »