« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

明日会えますU^ェ^U ワン!

いよいよ明日生エフォート君に会って来ます。

楽しみですv・。・V わん♪

その前にエフォートのお宝画像ですvUo・ェ・oU ィェーィ♪

    27

ご飯だヘU・x・U ワン♪(ご飯と言う言葉をかけるとこんなにいい表情をしてくれます。ウチに来るワンちゃんは食いしん坊になります by KOBAさん)

    25

美味しいと眼鏡が落ちるんですUゝェ・`Uワン☆(このコメント分かるのはオヤジ世代)

    26

出来れば知的キャラを売りにしたいU・♀・U ワンである。

24 なのに、こんな姿は・・・UTェTU クゥーン

12_2 これも、ちょっと、僕のイメージが・・・・。

まいったなぁ。

パパラッチKOBAさんには。

(事務所の方針でどんどん載せちゃっていいみたいです by manga)

アイドルはつらいU×Å×Uワン

でもV◕ฺω◕ฺV  ワンッ!!!!

    28

どアップに耐えるのは僕のジツリキ(実力)Uo・ェ-oU/^☆ ワン♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

力横綱(スタミナラーメン)

機会があって大阪南部に行っていました。

国道沿いの小さなラーメン屋さん。

昼間通ったときはひっそりとしていましたが、明かりがつく夕方遅くに人だかりがしていたので、行ってみました。

「力横綱」中百舌鳥店

彩華ラーメンが発祥の天理ラーメンの流れをくむラーメン屋さんらしい。

4 炒めた白菜が特徴的なピリ辛醤油豚骨&鶏がらスープのラーメン。

ラーメンはこのスタミナラーメン一本のみ。

白菜のほかにネギ・人参・ニラ・豚肉を炒めた物をトッピング。

野菜たっぷりでヘルシーです。

スタミナラーメンというイメージからコッテリを想像していましたが、凄くあっさりして食べやすい。

用意してある生にんにくを少し入れると、味に深みが加わる。

3 6 7

他にサイドメニューは多い。

餃子(2人前)

ニラ玉はニラのオムレツというか??

マヨネーズがのっていて、醤油をかけて食べる。初めてのスタイル。

野菜炒めはシンプルな塩コショウ味。普通です。

1 8

10人も入れば満席になるカウンターのみの小さなお店。

「高野街道」と呼ばれる国道沿いで分かりやすい場所です。

少し離れたところにパーキングもあるみたいです。

お店で確認を。

   2

   5

上は大盛りです。普通サイズの倍近くありました。

これは2玉ですが、3玉と言うのもあるそうです。

注意事項が一つ。

アツアツのラーメンに炒めた野菜がのります。

で、かなりアツアツですし、炒めた野菜がふたの役目をしてなかなか冷めない。

熱いもの平気な私は良かったのですが、猫舌の我が家の住人には評判が悪かったようです。

冷めるのを待っていたら麺が延びていたと・・・。

大盛りを頼んだのにも要因があるようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

素敵な時間2

エフォート写真集

   20

「日向ぼっこ」ここは故チコちゃんもお気に入りの場所でした。

   21

「チュクチュク、すやすや」寝言もいびきも・・・。どんな夢見てるんだか?

   22

「ついにはみ出てしまった」成長著しいw(°0°)w オォー

   23

「コンパクト収納可??」ヾ(°∇°*) オイオイ  無理から・・・。

こんなエフォート君についに会える予定です。

29日突撃生取材して来ます。フーさん&KOBAさんの対談もあるかも。

楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素敵な時間

19 思わず引き込まれてしまいました。

エフォートと過ごすKOBAさんの素敵な時間に。

優しさに満ちた、穏やかな表情。

見ているだけで癒されます。

心に溶け込んでくる、テレパシーのようなものを感じます。

この犬種が人を助けるお仕事に向く訳は、これなんですね。

「今日訓練士さんと歩行訓練したのですが、歩く事はつまらないと思っていたようですが、ほんの瞬間に歩く事はこんなに楽しいのだということを学習したみたいで、あんなに散歩を嫌がっていたのに見違えるように上手に歩くようになりました。

人間と同じように犬でも、今まで出来なかった事がほんの一瞬で出来るようになるって事があるんだね。」

今はまだまだだけど、素晴らし能力を内に秘め、一歩一歩確実に成長してます。

がんばれ、エフォート。努力(エフォート)して立派な盲導犬になってね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

THE JISUI(ざ・じすい)

Photo 研修中のミョコさんより写mailがきました。

昨日から一人暮らしデビュー。

煮豚は私の差し入れですが、後はミョコさんの作品。

白髪ねぎ、うまく切れてるね。

玉子スープもおいしそうです。

ホテル住まいで外食が続き、胃が疲れているので茶粥にしたそうです(勿論、くきほうじ茶使用)

急ごしらえで揃っていないものが多いけど、キャンプで培った知恵で何とかなりそうですね。

たった3週間ですが、馴れない場所で通勤しながらの自炊、少しでも力になれればと思い炊飯器を調達しておきました。

一人暮らし用ですが、蒸したりできる優れものだそうです。

明後日までには届くと思いますので、楽しみに待っていてね。

早速ブログネタに使ってしまいました。

これに懲りずにどんどん作品を送って下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の花と言えばタンポポでしょうか

春の花といえばタンポポでしょうか。

   3

タンポポは元々日本にある在来種と、外国からやって来た外来種があるのをご存知ですか。

上の写真はカンサイタンポポと言って、この周辺で見られる在来種の代表的なものです。

が、最近は街中ではほとんど見ることが無くなりました。

代わって見られるのはセイヨウタンポポです。

見分け方は意外と簡単です。

   2_4

   Seiyo_t11
     分かりやすい写真、某所からお借りしましたup

花の額のように見える部分(タンポポは花弁のように見えるのは一つの花で、花に見えるのは小さな花が集まったものなのです)は総苞と呼ばれます。

上の写真、カンサイタンポポの総苞は跳ね返りがありません。

下の写真、セイヨウタンポポの総苞に跳ね返りがあります。

着物の裾のようにすぼんでいるのが日本産。

スカートのように広がっているのが外国産。

とでも、覚えて下さい。

タンポポに関する思い出を・・・。

私が高校生のころ、所属するクラブで市内のタンポポの分布調査のお手伝いをすることになりました。

その時はじめてタンポポにセイヨウタンポポとカンサイタンポポがあることを知りました。

驚いたのは、セイヨウタンポポの方が多く見られること。

カンサイタンポポがかろうじて見られたのは、市内のところどころ残っていた田圃や畑のみだった。

日本産のタンポポが外国のタンポポにとって代わられてきていることを知りました。

このことがきっかけで、環境破壊が公害や開発だけではなく、外国から持ち込まれた植物によっても進んでいることを知り、環境と植物に興味を持つようになりました。

今現在はさらにセイヨウタンポポの侵略は進み、カンサイタンポポを見つけるのは容易でなくなってます。

「オウベイカ!(欧米化)」です。

お住まいの近くでカンサイタンポポが見つかったら、まだ自然豊かな場所である証拠です。

一度、近所を探してみて下さい。

追記

セイヨウタンポポに駆逐された、カンサイタンポポですが、もっと恐ろしいことになっています。

同じ仲間であるため自然に交配して、ハイブリット(雑種)が出来ているそうです。

ますます、日本固有の植物が少なくなりますね。

丹後半島に自生する「トウテイラン」のように身近だった花が絶滅の危機に瀕しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

我が家に来て3週間

KOBAさんからメールが届きました。

今日はズボラしてそのまま載せちゃいます。

 17

「今日で我が家に来て3週間です。近くの公園の桜が満開だったので一緒に記念撮影です。来年の今頃はもう盲導犬としての訓練中だと思うので、これが最初で最後のお花見で~す。」

 16

「私も今まで犬を飼っていたけど、こんなかっこで寝そべる犬ははじめてです。筋肉が柔らかいのか前転はするし、回転レシーブはするし、まるで猫みたいです。」

アシカの足みたいヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!

 18_2

「なかなか男前に撮れているでしょう。初めて我が家に来た時の写真と比べると、だいぶ大人の顔になったかなぁ?」

おっとこ前やねぇ!

この間の「オヤジ顔」は別人(犬)??

34_2ホントお兄ちゃんになりましたネ.

このころからアシカの足だったんですね。

最近では食事のとき、2秒だけ待てもできるようになったとか。

どんどん、進歩しています。

一度、なまエフォートくんを見てみたいです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

お花見どころではなかった

先週の週末、恒例のお花見バーベキューINテイヘンさん宅に今年も参加しました。

と言っても、顔を出した程度ですが。

その日ミョコさんが研修先から荷物を取りに一時帰宅。

彼女のお抱え運転手の私は、夕方にJRの駅まで送って行くお仕事が入ってしまった

折しも午後から雨。

それも、桜散らない・・?と言うぐらいしっかり降り。

行き帰りの道にも、駅のホームからも、桜が見えていたけど、雨に煙る桜ってイマイチ感動しないよね。

日曜日は世間は良いお天気だったけど、私は、鬼の居ぬ間に洗濯?して一日過ごしました。

で、お花見どころではなかった。

Ca380162 仕方がないので今日職場で桜の写真を撮りました。

携帯cameraだからこんなものでしょうか。

去年はデジイチ持参でお昼休みに撮影会してたのに。

今年はなんか燃えない。

忙しいだけじゃなく何か気が乗らない。

その訳は去年撮影した桜の古木にありました。

Ca380161 Ca380163

左が3月31日でまだ咲き始めのころ。右が今日6日。

一週間も経っているのにそんなに変わらない。

花の密度が無いって感じ。

083 昨年はこんなに見事だったのに。

今年はまばらです。

良し撮るぞって気が起こらない状態です。

この木はかなりの高齢で、木の肌がデコボコして傷んでいたので気にはなっていましたが。

たった1年でこんなに変わるとは・・・・。

高齢と環境の変化のダブルパンチなんでしょうか。

ホントに残念です。

でも、気落ちしている場合では無いかも。

自然系オタクの私としては、これは記録として、ちゃんと残しておかねば・・・。

明日にでも、デジイチ出動です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オヤジ顔SHOT UTェTUきゅ~ん♪

「悪いことしてお兄ちゃんに捕まったU>ω<){ワンッ)

「しばらく自室で反省してなさいp(`・ω・´メ)

   12

「反省顔はどう見てもオヤジ顔」

15 14

子犬なのに・・・・??

時々、オヤジに変身します。

こんな顔されたら、笑ってしまいますよね。

笑いをこらえて、怒っているKOBAさんの姿が目に浮かびます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

景色の良いお蕎麦屋さん「なが乃」

4月に入って一段落したので、隠し持っていた記事ネタをUPします。

実家の両親が親しくさせていただいているお蕎麦屋さん「なが乃」におじゃましました。

ブログに遊びに来てくださるフーさんがお手伝いをされているお蕎麦屋さんです。

場所は「甲山」という町のシンボル的な山の近くにあります。

両親を迎えかたがたおじゃましたので、時間外でしたが、特別にお蕎麦を食べさせていただきました。

 1

 6_2

2 今回は十割りそばをいただきました。

伺うと、長野産と北海道産をブレンドしたものらしく、少し緑がかったヒスイ色のお蕎麦です。

量も少し多めに感じたのですが、中間の量の140gを使用しているそうです。

最近の町中のこだわりのお蕎麦屋さんは100gを超える程度のところが多い(三箸ほどで終了なんてね)ので、この量ならゆっくり味わえます。

余分なん物をできるだけ取り除き、きめ細かく挽かれたそば粉で、しっかりした歯ごたえと、ツルっとしたのど越しが楽しめます。

お出汁はこの付近では少数派の関東風。

都会的で上品なお蕎麦です。

こちらも、そばんちさんと同じく、そのためにブレンドされたものを使った蕎麦湯です。

5 おまけで自家製黒豆のアイスクリームをいただきました。

黒豆の香りがして、甘さも程よく、美味しかったです。

お蕎麦の後にアイスクリームは合いますね。

特に和風テイストが良いです。

そしてここの一番のお勧めはローケーション。

 7_2 8

市街地から車で15分ぐらいのところにあるのに、周りは自然がいっぱい。

見晴らしのいい山の中腹にあるので、お蕎麦を食べながら眺望が楽しめます。

特に、夜景はおススメだとか。

9 近くに北山公園や甲山森林公園があるので、これからの季節、ドライブがてら訪れるのもいいかも。

ただし、三たて(挽き立て・打ち立て・湯掻き立て)を目指すお蕎麦屋さんなので、注文してから出てくるまでに少し時間がかかります。

時間に余裕のある方にお勧めです。

まあ、このローケーションだから、あわただしくって言うのはもったいないですが。

それから、アクセスですが、幹線道から少し入ったところにあります。

実はこの日入る道が分かりにくく、通り過ぎて、Uターンする場所を探してどんどん行ってしまい、ついには盤滝トンネル(東六甲を貫くトンネル)でやっと戻ってこれた。

お陰で往復のトンネル代寄付してしまった。

特に西宮側からくると、入る道(2か所あるのですが道が下りになっていて見えにくい)を探してあれよあれよという間に通り過ぎるので、甲山高校のバス亭のロータリーに一旦入って、道を確認するのをお勧めします。

万が一通り過ぎた時は、宝塚方面に行ってください。

盤滝トンネルUターンは避けられますから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »