« 三徳山投入堂の悲劇(゚ロ゚*)ギョエ | トップページ | 気になっていた「六五六のラーメン」 »

蒜山高原と裏大山

GWぶらり旅、次の宿泊地米子を目指し、いつもは海側ですが、今回は山側を攻めます。

三徳山を後にして、倉吉で鳥取銘菓「打吹公園だんご」を買って、関金を抜け、犬狭峠へ。

昔は険しい峠越えのだったみたいですが、トンネルでスイーっと通過。

Photo

Photo_2

お昼はご当地B級グルメ「蒜山焼きそば」を食べ。

昨今流行りのご当地B級グルメ。町おこしとして、力を入れているところも多い。

蒜山焼きそばもその一つで、ソースじゃなく、焼肉の味噌だれで味付けした焼きそば。

早い話が、ジンギスカン風焼きそばと思って間違いない。

焼肉パーティーの締めに使えるかも。

蒜山高原ジャージランドで、春の装いの高原を満喫。

鬼女台(きめんだい)で大山の写真を撮って、蒜山大山スカイライン(大山環状道路)と呼ばれる、一番山側の道をドライブ。

ここから見える大山は裏大山と言われるらしい。

米子側から見える(伯耆富士と言われる)美しい姿と違い、荒々しい姿です。

やっと芽吹き始めた、鏡ヶ成を通り、山菜の山を横眼で見ながら、大山寺を抜け、大山町側に出ると、目の前に日本海が見えてきます。

淀江ゆめ温泉で汗を流し、晩御飯はやっぱり日吉津村のごはん屋

旅行の醍醐味、ご当地グルメにこだわらなければ、普通に楽しめます。

観光地は何かと割高で、節約旅にはもってこいのお店です。

GW中だったので、大変大勢の人で落ち着かない。まあ、何処行っても同じでしょう。高級グルメを食べに行く以外は・・・。

で、最終日のお宿は、できたてほやほや、米子のスーパーホテル。

ホントにビジネスホテルにはお世話になります。

GWだからとか、休前日だからとか、料金が変わらないのがうれしいですね。

朝食付きもありがたいです。

何処までも、リーズナブルを目指した我が家の旅です。

cameraところで、帰って来て、ハッときがついた。

三徳山で花の写真を撮ってモードをAモード(絞り優先)にしたままだった。

・゚・(ノ´Д`)<失敗シチャッターョ!!!

しかもF3.5のままで。その写真を堂々と載せちゃいます。

ど素人の強み。

|

« 三徳山投入堂の悲劇(゚ロ゚*)ギョエ | トップページ | 気になっていた「六五六のラーメン」 »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

いい景色ですね! 最近B級グルメ、流行っていますのでこちらでもご当地物や今後出店する予定のものがめじろ押し! ご当地へ行かなければ食べられないものって魅力ありますものねぇ。

大山は少ないながらもお茶の産地でもあります。食事どころではどこでもお茶が出ると聞いたことがありますが、いかがだったでしょうか。 

投稿: かおり | 2010年5月27日 (木) 08時47分

何度か大山周辺には行くことがあったのですがお茶の事は知りませんでした。

さっきネットで見たら確かにお茶の産地だったみたいですね。
GWに行ってきた場所がまさにその場所でした。
6月にまた近くに遊びに行くので見てみます。教えて頂いてまた旅の楽しみが増えました。

投稿: manga | 2010年5月27日 (木) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/34754655

この記事へのトラックバック一覧です: 蒜山高原と裏大山:

« 三徳山投入堂の悲劇(゚ロ゚*)ギョエ | トップページ | 気になっていた「六五六のラーメン」 »