« 有馬温泉 | トップページ | 梅雨明けです »

湯快リゾートデビュー

先週末、金曜にお休みをとって今年初めての釣りメインツアーに行ってきました。

昨年より下見に下見を重ねた、鳥取方面に。

でもそれだけでは収まらないのが、我が家(私と言うべきか)

金曜ならイケるかも。普段とれない宿の予約を試みました。

皆生温泉の湯快リゾート、ベイスクエアの隣にあって前々から気になっていた。

前々日の予約なので、空いている部屋は限られていて丁寧に「海側の部屋でないこと、目隠しをされていて外が見えないこと、機械が外にあること」を承諾させられました。

後で記事にしますが、湯快リゾートを予約すると、お客さんが不自由に感じるであろう点をあらかじめ伝えるようである。

湯快リゾートは1泊2食付き7800円で泊まれる温泉宿。

可能な限りサービスを減らし、その分価格に反映させているらしい。

逆光で暗いですが海の見えるロビーです。

漫画読み放題のコーナーとゲームコーナー、ネットのできるPC2台がありました。

インターネットコーナーは嬉しいですが、無線ランが使えたら良いのにね。親会社がネットカフェもやっているので出来そうなものですが。

i-padやDSやPSPなどWi-Fiの需要が高まっているのでぜひお願いしたいです。

施設は適度にリニューアルされているようです。

P1010592 P1010591

温泉はもちろん皆生の湯ですが、浴室はレトロなまま。ほぼ24時間入れるのは魅力だし、滞在中の夜中に女湯と男湯を入れ替えるので、どちらも入れます。

夕食、朝食はバイキング。宿泊客が多いと2部制もしくは3部制の入れ替え方式になります。

バイキングは普通90分勝負なので不都合は無いです。

P1010588 P1010590

戦歴です。初回と2回戦の写真。

3回戦そして4回戦のデザートへと続きます。

ひと組二組と退席する中、またもや90分食べ詰めでした(アルコール無しで)

お味のほうですが、都会の夜2000円~2500円のバイキング相当。

朝食は写真無しですが、ビジネスホテル系の朝食より良いレベルかな。800円ってとこでしょうか。食堂から海が見えてゆったり食べれるのでその点はプラス。

たとえばベイスクエアに泊まって、日吉津村でバイキング食べて、朝食を外食すると5500円+1600円+600円(ファミレスのモーニング)=7700円。

ほぼ、同じ。

でも、チェックインして温泉入ってさっぱりして、リラックスした格好で夕食食べてそのままごろり。

その点に重きを置けば湯快リゾートは捨てがたい。

部屋についてはまた後ほど。

ちなみに金曜日ですが、ほぼ満室のようで、夕食は2部制でした。

シニアからカップル、ファミリー、グループまであらゆる層が利用していました。

実は、このお盆に下呂の湯快リゾートを押さえてあります。

しばらくハマりそうです。

|

« 有馬温泉 | トップページ | 梅雨明けです »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/35760195

この記事へのトラックバック一覧です: 湯快リゾートデビュー:

« 有馬温泉 | トップページ | 梅雨明けです »