« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

ご当地グルメ列伝 (南信州&名古屋)

ところ変われば、食べ物って違う物ですね。

小さな国なのに。

夏の信州の旅、ご当地グルメの後半です。

先ずは、3日目、小雨の降る中、入笠山散策の時のお昼ご飯。

Sanzoku

セブンイレブンで見つけたご当地グルメ。

「松本山賊焼き弁当」

鳥もも肉1枚まるまるの豪快な唐揚げ。

ニンニクが利いた醤油ベースの味付けに甘酸っぱいタレとタルタルソースが付いてました。

これは家でも出来そう。

早速、クックパッドでレシピを検索「信州松本名物山賊焼き」と「パリッパリ信州山賊焼き」を参考に作ってみました。

Negimiso_2

しゅきしゃきレタス(本当はキャベツ)をたっぷり敷いて盛り付けると、豪華な1品になります。

我が家の新メニューに追加。

こう言うおにぎりも発見。

これからは、旅に行く前にコンビニもチェックして行こう。

お土産バージョンもあります。

伊那の「一二三まん十屋」の黒糖饅頭です。

お店の名前が123でまん(万)と10。しゃれてます。

黒糖の香りがしっかりのふんわりの皮、上品な甘さの餡。

ここまではなら、レベルの高いお土産。

Hihumi1 Hihumi2

このお饅頭はお土産と言うより、地元の人御用達なんです。

ちょうど、お店を訪れたのはお盆の初め。

小さなお店は地元の人でいっぱいでした。

みなさん、何十個単位で買い求めてます。予約されいいる方も。

ほとんどが、チョッと小さいサイズの「天ぷら用」を購入してます。

そうなんです、こちらでは、お饅頭を天ぷらにするらしいのです。

で、チャレンジャーの私、これも試してみなきゃ。

普通のてんぷら粉をつけて揚げるだけ。

これが、なかなか、美味しい。

なんでも、饅頭を天ぷらの他のネタと一緒に揚げて、塩とか天つゆで食べるそうです。

えぇーと思ったのですが、ほんのりとした甘さはちょうどカボチャやサツマイモのようですので、アリかもしれません。

これはイケます。お土産でもらったお饅頭。チョッと日が経ったら使えるかも。

恐るべし、ご当地グルメ。

Hitumabusi

4日目、やはり天候があまり良くないので、しらびそ高原散策をあきらめ、名古屋に寄り道することに。

もちろん目的はご当地グルメです。

ひつまぶしで有名な「あつた蓬莱軒

人気の店なので行列を捌くために張り紙があります。

Hitumabusi_2Hitumabisi3 料亭風のたたずまい。

4時半を過ぎるころには行列ができました。

時間を少しずつずらし、列が長くならないよう受付に工夫されていました。

ひつまぶしって登録商標なんだって。

メニューにお勧めの食べ方があります。

  Hitimabisi4  Hitumabusi5

ひつまぶしとお吸い物、お出汁、薬味がセットになって2730円

Hitumabusi7 Hitumabusi6

御ひつにぎっしり詰まってます。

一膳目はそのまま何もせずに。

Hitumsbusi8 Hitumabusi9

二膳目は薬味をのせて。

三膳目は薬味・お出汁を掛けて。

4膳目は一番お気に入りの食べ方で。

鰻・薬味・お出しがどの食べ方にもマッチする。

一度は食べてみてって言いたなる味です。

きっと、リピしたくなるかも。

Yamatyan5 Yamatyan1

これも、ご当地グルメでしょうか。

名古屋名物手羽先の唐揚げ。

大阪にもテイクアウトのお店ができたのですが、本場で食べなきゃ。

高速の深夜料金の時間つぶしも兼ねて「世界のやまちゃん」に行ってきました。

Yamatyan2 Yamatyan3

テイクアウトで食べたのよりピリッと辛く、たれもきいてる。

お店で食べるのが美味しい。

基本は居酒屋さんなので、野菜補給にもやし炒めを注文。

これは、まあ普通。

やはりメインは手羽先の唐揚げ。

まだまだ、名古屋にはご当地グルメがあるそうです。

機会があったらお当地グルメツアー計画したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地グルメ列伝(岐阜&南信州)

旅の楽しみは食べること。

 

特に最近目覚めたご当地グルメ。

 

まずは「岐阜モーニング

 

ケンミンSHOWでも取り上げられた、ご当地グルメ。

 

ネットで見つけた岐阜の喫茶店のモーニングサービスを食べ歩いて紹介されているギフモーさんブログ「岐阜のおトクなモーニング」でリサーチしたのですが、あまりの多さに迷った挙句、厚かましくも、ギフモーさんに教えていただき行ってきました。

 

珈琲工房 ヴァリスタ(BARISUTA)

 

夜中に家を出て、高速の夜間割引を使い関ヶ原経て、羽島に。

 

オープンは8時ですが着いたのは30分前。

 

あまりに静かなのでひょっとしてお休み??

 

お店の前でウロウロしていると、5分前ですがお店を明けていただきました。

 

P1010630 P1010629

 

メニューがこれ。

 

P1010627

 

メインメニューが左のドリンクメニュー。

 

右はあくまでもドリンクのセットメニューなんです。

 

要はドリンクを頼めば自動的にモーニングセットがおまけで付いてくる。だから、モーニングセットの値段を支配するのは飲み物の値段なんです。

 

で頼んだのはカフェアメリカンとカフェオーレ。

 

P1010632 P1010633

 

セットメニューの中からピザトーストと卵サンドを注文。

 

P1010638

 

正真正銘、アメリカンとオーレの値段で締めて800円。

 

トーストにお団子セットとかおにぎりセットとか。

 

オムレツとスパゲティーのセット。

 

パフェセットというのもあるからビックリ。

 

P1010634

 

そしてきっと気になっているでしょう、これ。

 

茶碗蒸しです。

 

さすがに、オムレツセットとパフェにはついてませんでしたが、他のにはもれなく付いてきました。

 

茶碗蒸しが定番ですが、うどんが付いているところもあるそうです。

 

P1010636

 

お店はこんな感じ。

 

8時を過ぎると、ぞくぞく、人がお店に入ってきました。

 

近所のシニア軍団で満席に。

 

ママ友ランチならぬ、シニアモーニングでしょうか。楽しそうです。

 

だからか、団子セットがあるのでは。

 

P1010639そして、しっかり注文されてました。

 

何とも微笑ましい。素敵なご当地グルメですね。

 

郡上八幡へ向かう時立ち寄った道の駅で見つけました。

 

やはり、茶わん蒸し付き。

 

次に目指していたのは、長良川の鮎だったんですが、簗漁はまだシーズンではなく、立ち寄った、食堂の鮎もまだシーズンではないようで普通でした。

 

簗の落ち鮎は次回にリベンジという事で。

 

信州と言えば蕎麦ですね。

 

そばにもご当地メニューがあるんです。

 

2日目下呂から伊那に向かう途中、野麦峠を超え奈川村でご当地グルメを見つけました。

 

とうじ蕎麦

 

最初全然想像がつきませんでしたが、食べてみて、理解。

 

「とうじ」とは「投じ」ということらしいのです(湯じという説もある)

 

つまり

 

P1010659 P1010660

 

キノコや山菜、カモ肉(鶏肉)、お揚げなどが入ったお鍋仕立てのお出汁でお蕎麦をラクロスのラケットの様なカゴで温めて食べます。

 

P1010662 P1010661

 

その時、具も少しすくって一緒に食べるのがコツらしいです。

 

そして、ラケットの様なカゴがとうじ(投じ)カゴで、お蕎麦を投げ入れるようにするからだそうです。

 

P1010663 P1010664

 

P1010657

 

追加メニューでおじやができます。

 

店内のポップ通り、残ったお出汁に御飯と玉子を入れて、奈川名物とうじそば、二度楽しめました。

 

お蕎麦自体の味を楽しむという物ではありませんが、寒い冬にお蕎麦を温かく食べる知恵が詰まってます。

 

具材もいろいろ工夫できそうだし、冬の鍋物のバリエーションが広がります。

 

涼しくなったら挑戦してみようと思います。

 

その前に、とうじカゴを手に入れなくては。

 

さっそく、ネットで物色しています。

 

奈川の「福伝」というお店です。他にも何軒かあるようです。

 

伊那の高遠にもご当地蕎麦があったようです。近くに行ってたのに。

 

事前のリサーチをもう少しして行くことにしようっと。

 

一気に書ききれないので「松本名物山賊焼き」次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高烏谷(たかずや)鉱泉

南信州の旅、2日目の宿「たかずや鉱泉

お料理メインで選んだ宿です。

じゃらんの口コミでお料理が5点満点の宿。

ちなみに鉱泉となってますが、今は、枯れてしまい、山のわき水を沸かしているそうです。

伊那市からほど近い高烏谷山の麓にポツンとある宿です。

昭和の田舎の旅館のままのたたずまい。

お主人と奥様が家族でされているらしく、5部屋ほどの小さな旅館です。

論より証拠。

P1010665 かぼちゃの饅頭(外はパリッと中はふっくら)

P1010666 もみじ肉(鹿肉)のたたき風とアルプスサーモンの刺身(黒コショウがしっかり利いたたたき風シカ肉で臭みまったく無し、馬よりコクがあるかも。アルプスサーモンは鱒なのに鮭に近いかな。養殖臭くないです)

P1010667 ジャガイモの素麺風(ジャガイモがシャキシャキ)

P1010668

丸茄子の蟹あんかけ(トロトロの丸茄子にあっさりとした蟹餡が)

P1010669 じゅんさい豆乳豆腐(わさびがアクセントに、なめらかな豆乳豆腐を引き立てます)

P1010670 鮎の風干しのお吸い物(風干しにされた鮎からにコクのあるお出汁が、ゆずコショウがとみょうがで更にレベルアップ)

P1010671

山女の塩焼き(文句なしの焼き具合、添えられたキュウリの粕和えも美味しい)

P1010673 かき揚げ二種(トウモロコシの甘みと生姜のピリッと感が楽しめました)

P1010674 ☆トマトとチーズの茶碗蒸し(忘れられない味に)

P1010675 伊那豚のソテー 山椒添え(お蕎麦に使う返しを使ったタレが絶妙の味を、単純だけど深い味わい)

P1010676 長いもの梅和え(さっぱりと後口直し)

P1010677 ちらし寿司風 香物(香物も自家製)

P1010678 海苔のお吸い物

P1010679 水菓子(甘さを抑えた塩ゆでに近い小豆がアクセントに)

P1010672ハーブと野菜のお酒

普段あまり飲まないのですが、お料理があまりに美味しいので注文

高級旅館の様に、高価な食材を使っているわけではないです。

器も同じ。

料理に派手さは無いです。

でも、今までにない満足感と後に残る余韻。

地元の食材に工夫を凝らし、お料理に仕上げてある。

一品一品解説をするとブログでは収まらない気がする

もし、語るとすると☆印のトマトとチーズの茶碗蒸しです。

最近、「梅の花」で似たようなものを食べましたが、比べてはいけない気がする。

じゃらんの口コミでもこれを目指してくる方もいるらしいです。

家庭でもできると女将さんに教えていただきました。

薄めの和風だしで底にモッツァレラチーズ(市販のチーズ)を引き、茶碗蒸しをする。

それにトマトと餡をかけるらしいのですが、最後に、黒コショウで味を引き締める。

味が残っている間に挑戦してみようかな。

作ってみたら、また、食べに行きたくなる気がします。

美味しいもの好きの方は是非行ってみて下さい。

朝ごはんの美味しい旅館もビックリのたかずや鉱泉の朝食はまた次回に。

山の中の小さな宿ですが無線ランが使えます。次の日の情報収集には助かります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010夏 南信州の旅 入笠山散策

暑い関西を逃げ出し少しでも涼を求め、南信州に。

3日目、昨夜の宿、伊那の「たかずや鉱泉」から、入笠山へ。

ホントは、できれば木曽駒ケ岳を散策するつもりだったのですが、夏はロープウェイが大変混むことと台風4号の影響で天気が今一つなので、変更して、手軽に行けそうな(ロープウェイ代がいらない)入笠山に変更しました。

それでも、入笠山の牧場付近に着くころには、雨が降り出し、牧場から先は自家用車の乗り入れができなので、どうしようか悩む事態です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは、最近何処の山でもそうなっているらしい。

道が良くなって(入笠山も昔は林道だったらしい)手軽に行ける分、車の乗り入れにより自然が荒らされることがあるので、賢明な処置である。

その分、高原をめぐるルートバスが出ているみたいです。

そんなにガッツリ散策を考えていなかったので、足元は固めて来てるけど、雨具は傘のみ。

バスが出るようなので、取り急ぎ用意して、「大阿原湿原」に向かいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

湿原につくと雨も上がり、散策していると薄日も射してきました。

山の天気は変わりやすいのですが、なんとか、散策はできそうです。

湿原にはま新しい木道が整備されていて、人が荒らすことなく、観察できるようになっています。

あまりというか、ほとんど、今の入笠山の情報ないままの散策です。

今のというのは、以前、蝶屋さんは入笠の来たことがある。と言っても30年も前のことで、ほぼ、手つかずの自然だったようです。

内緒ですが、そのころは蝶も取り放題だったみたいです(今は保護のため観察のみです)

だんだん、天気も良い方に向かって来たので、入笠山頂にも行ってみることにしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりのプチ山登りです。

昔、キャンプ場のお姉さんをしていたころ、近くに甲山という山があって、朝飯前に登る程度の山でした。

山頂まではその山程度。だったのですが、日ごろの運動不足がたたり、自分の体を運ぶのにも一苦労。

それでも、なんとか山頂に到着。

あいにくの天気で眺望は望めませんが、ミニお花畑に出会い、写真はバッチリ??

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

matumusi asagi

高原の花、コウリンカやマツムシソウ。

マルバダケブキでお食事中のアサギマダラ。

時折雨が降り、霧が立ち込める中、2000m級の山に暮らす昆虫は、時間を惜しむように活動していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヘバヘバになり山頂を下り、私たちも雨の止み間を惜しむように、10分ほど歩いて「入笠湿原」へ。

小さいけど、木道が整備された湿原です。お花畑も満開。

多くの人が観察に訪れていました。

もう高原は秋の花に移り変わりつつあります。

入笠もですが、たくさんの人が訪れやすくなり、人の手が入り、自然のままという訳にはいかないようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも、多くの人が少しでも自然を身近に感じ、感動してくれれば。

特に次の世代の子供たちが何かを感じてくれれば。

少なくとも今より、悪くなることは無いような気がします。

夢中で撮りまっくった写真。

花の名前の同定が宿題に残りました。

海も良いけど、真夏は山だ。

今はただ、あの涼しさが恋しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰って来ました

岐阜~長野~愛知(おまけ)、3泊4日の旅から帰って来ました。

高速1000円の恩恵を受けることなく、日程的に渋滞にも合わず、温泉、ご当地グルメ、高原のお花畑ets、今回も盛りだくさんの旅でした。

それにしても、暑い。

信州も暑かったですが、日陰に入るとさらっとして涼しい。

行程中、天気が不安定でしたが、蒸し蒸しするようなことは無く、宿泊した宿2軒は冷房設備がありませんでしたが、快適に過ごせました。

只今、時差ぼけならぬ、気温ぼけで、ダラダラしています。

お盆休みも後二日。

写真の整理をしないとブログ書けないし・・・・。

って、感じで過ごしそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅の花

湯葉と豆腐のお店「梅の花」でランチしました。

お騒がせママ&おチビと一緒です。

おチビが最近活発に動くようになり、ゆっくり食事ができるところという事で、お座敷で個室のある「西梅田の梅の花」に決定。

かなり、久しぶりの来店です。

「風の膳」夏限定メニューです。

P1010617 P1010618

P1010619 P1010620

P1010621 P1010622

P1010623 P1010626

小鉢二種(呉豆腐・ささみ昆布〆)

トマトあんかけ茶碗蒸し

豆腐しゅうまい

青のり豆腐餅のもずくあんかけ

豆腐サラダ

もろこし真丈湯葉巻き揚げ

汁物・あなご山椒御飯・香物

デザート(八女抹茶水ようかん・八女玉露アイス)

今回は、梅の花のHPのおしながきを参照。

その都度、メモをとらないと、覚えて無いものですね。

御座敷で個室は正解。

ハイハイしても、迷惑かからないので、ゆっくり食べることができました。

次回もこう言うお店を探さなきゃね。

P1010625 P1010624

と、ママのお茶に茶柱発見。

良い事ありそうな予感。

゚・*:.。.☆Happy♪ヽ(*´∀`*)ノ☆.。Happy.:*・゚でありますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »