« 宝喜温泉 | トップページ | 赤石荘(食事編) »

天空の露天風呂

夏の旅の様子、なかなか書ききれなくて。

やっと、3日目の宿、大鹿村の「赤石荘」(HPがリニューアル中なのか見当たらないのでじゃらんのです)

天空の露天風呂に入ってみたくて予約しました。

下呂温泉でコツをつかみ、誰も入っていないところを狙って撮影。

とにかく見てください。

4

3

伊那から抜ける道が7月の豪雨で通行止めになったままなので着いたのが6時ぐらい。夕方遅くて少しくらい写真になりましたが、眺望は素晴らしい。

5 7

無色透明のやわらかいお湯です。

洗い場は三つ、露天風呂なので寒い季節は素早く体を洗う方がいいかも。

この季節でも、温まらずに体を洗うのは少し寒かったです。

6 8

到着が遅かったので、食事時間が後の組だったのもあり、天空の露天風呂を独り占め。

そして夕食が終わり一服してから、夜の温泉タイム。

20

真っ暗でしたが、雲の隙間から星が少し見えました。天気が良ければ満点の星っていうのも。

夏のこの時期は24時間入れるみたいです。

朝は早起きして一番風呂に。

22 23

この日は4日の中で一番天気が悪かったのですが、止み間にお湯につかれました。一応、屋根があるので良いのですが。

それでも、谷間を流れる霧を見ながら入っていると、時間を忘れてしまいそうです。

実は赤石荘にはもう一つ温泉があったのです。

露天風呂が注目されていたので、内湯の事、帰る際まで知らなくて。

泉質が違うらしく第二温泉となってました。

30

露天風呂のようなインパクトはないのですが、木々に囲まれて良い感じです。

少し硫黄の臭いがして、こちらの方がお湯としては良かったです。

このお湯は少し離れた場所からタンクローリーで運んできてるらしいです。

露天風呂は日帰り温泉で利用できますが、内湯は宿泊者のみです。

いろんな時間の露天風呂と2種類の温泉が楽しめて、8500円は申し訳ないくらいです。お料理も十分美味しい宿(お食事編)ですし。

ここも、もう一度違う季節にリピしたいです。

|

« 宝喜温泉 | トップページ | 赤石荘(食事編) »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/36604590

この記事へのトラックバック一覧です: 天空の露天風呂:

« 宝喜温泉 | トップページ | 赤石荘(食事編) »