« 三瓶温泉1 | トップページ | 湯泉津温泉 »

三瓶温泉2

次の朝、浴室の入れ替えがあり、早朝から入りに行きました。

その前に写真を整理していて、温泉の注ぎ口ばかり撮っているの気が付いた。

この際だから一挙公開です。

1_2 2_2 3

4 5_2 6

7 8 9

あまり深い意味はありません。注がれているのは加温の有無は有りますがすべて源泉です。

湯量が豊富なのが分かります。

まだ暗いうちからゆっくりそれぞれの湯船につかりました。

こちらの方が種類が多く、全部浸かるのに一時間以上かかったかな。

26

お決まりのお湯越しSHOT。

ここで気が付いて夜景モードに変えてみました。

この方が良い感じに撮れているかも。暗い中で写りが良いようです。

27

紅葉の落ち葉で効果倍増。

35 33

34 31

明るくなってからの様子です。

天気が良ければ朝日の降り注ぐ中での露天風呂が楽しめたのでしょう。

今回思ったのですが、趣向を凝らしたお風呂は大変楽しいです。

ただ、年をとってからこのようなお風呂に入るのは、段差や足元の悪さでちょっと難しいかもしれません。

充分に楽しみたければ、身軽なうち楽しむのが良いかもしれません。

秘湯となればなおさらのような。

どっちにしても、お外遊びは体力のあるうちにですよね。

それにしても、MYコンデジは防水じゃないのに良く耐えてくれました。

人がいなくなった一瞬の撮影。濡れた手を拭いている暇も無く。

そのうちチャポンなんてことにも成りかねない。

このシーズンオフに防水君をスタンバイさせねば。

1_3 温泉にメインですが一応、さんべ荘の食事も載せておきます。

夕食です(4000円のコース)

これに天ぷらと焼き魚、ご飯、三瓶蕎麦が付きます。

ごく普通の公共の宿の食事です。

2_3 興味を引いたと言えば、茶碗蒸し。

前から気になってましたが、山陰地方特に東の方(鳥取の米子や島根)の茶碗蒸しには春雨が入っているようなんです。

以前働いていた会社の人が島根出身で春雨を入れる話を聞いたことがあります。

ここの茶碗蒸しにも春雨(葛きりかも)がちゃんと入ってました。

県民ショーネタです。ところ変わればですね。

37 38

朝食はご飯と煮物とお味噌汁、サラダ、ジュース&コーヒーがセルフで食べ放題です。生野菜が美味しいのと食後のコーヒーは嬉しかった。

もしリピがあるなら食事を朝食だけで、夕食は考えよう。

それともう一つ出来れば11時チェックアウトにしてもらえれば、食事の後、もう一度温泉を楽しめるのにね。

そうすればもっと温泉を楽しめるのにもったいないような。

18

|

« 三瓶温泉1 | トップページ | 湯泉津温泉 »

遊・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/37979579

この記事へのトラックバック一覧です: 三瓶温泉2:

« 三瓶温泉1 | トップページ | 湯泉津温泉 »