« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

MY引きこもりLIFE2

3月3日お雛様です。

やはりフードプロセッサーにのめりこんでいます。

一種のお宅状態。

今回はミンチカツ。

関東ではメンチカツだそうですね。

ハンバーグ種を作り、更にパン粉を付けると言うめんどくささから、作ったことなかったかも。

初挑戦です。

「キャベツを入れると美味しい」とKOBAさんに教えて貰って、いろいろ調べた結果、今回はケンタローさんのレシピを参考しました。

使うお肉は合挽き。

関西は合挽きもしくは牛の場合もありますが、関東では豚肉のみもあるようです。

1_3 2_3

3_2 4_2

まず玉ねぎとキャベツをみじん切りに。今回は別々にしてみました。

次に豚切り落としと牛切り落としをミンチに挽く。

一度に500gは無理そうだったので、豚全部と牛の半分を挽いて、そこそこ挽けて量が落ち着いたら残りの牛を入れて、食感を変えてみました。

ミンチを半分とりだして、みじん切りの半分と塩・胡椒(ナツメグもあれば)とウスターソースを入れかき混ぜる感じ程度にまわし出来上がり。

残りの半分も同じようにして、ボールで軽く合わせます。

たぶん3人家族(小食なら4人分)ならこの半分程度で良いので一度で出来ると思います。

汚れたフープロを片づけて、ここまで15分ほど。

わたし的には早いと感じる。

5_2 6

後は適当な大きさに丸めて、パン粉をつけ揚げるだけ。

ケンタローレシピに従って卵と水と小麦粉でバッター液を作りパン粉を付けました。

揚げる時もフライパンで片面が見えるぐらいの油で揚げます。

8

出来上がりはこんな感じ。

一度使った油を使用したのでちょっと色づきギミですが、中はふわふわ&ジューシー(フープロの恩恵)

家で作るとあっさりしていくらでも食べらると、住人達はついつい食べ過ぎたらし。

玉ねぎとキャベツの量がミンチの半分ぐらい入れましたが、もっと野菜を多くしても良いかもしれません。キャベツの存在感も出しても良いかな。

次回は、レシピにあるようにピーマンも入れてみよう。

いろいろ試してみて我が家バージョンを確立してみようと思います。

それから・・・・・・。

1_4

ご飯も土鍋で炊いてるんです。

ちょっと前の土鍋ブームの時、義母が購入して、ブームが過ぎたらしく、炊飯器が楽だからとやって来た炊飯用土鍋。けっこう高価なものらしい。

私は昨年12月から、あっ!引きこもってからだ。現在に至るです。

2_6 3_4

つやつやご飯んが炊けます。お焦げも出来ます。

お焦げおにぎりしておくと、いつの間にか無くなってます。

今の電気炊飯器はよく出来ていて、違いと言われても大差ないかもしれません。でも冷めてから美味しいと評判です。

しばらくは続くかなってとこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »