« 金太郎温泉 | トップページ | 東郷温泉「養生館」第1部 »

紀州路快速

家族の引っ越しで生まれ始めて紀州路快速に乗ってます。
ローカルな話題ですが、関空・紀州路快速は利用した事があるのですが、大阪市を越えたぐらいまで。南部への利用ははじめてです。
日根野で関空快速と紀州路快速が切り離されるんだって。
はじめて乗る電車ってちょっとワクワクします。
ところで、家族の引っ越しで6月後半はバタバタしてたので、鳥取県温泉の記事は書きかけです。
7月の3連休までは家でおとなしくしてるので、その間に書いてしまわなければ…。

|

« 金太郎温泉 | トップページ | 東郷温泉「養生館」第1部 »

その他」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。お元気そうで何よりです。娘さんのご主人が和歌山へ転勤だそうですね。お腹に二人目の命が宿っていると伺いました。大変ですね。お勤めの会社は昔から銀行並みに転勤の多い会社ですね。早くエリアマネネージャーになられると良いですね。我が家では、奥さんが毎日生き生き出まくっていますね。5月は娘とフランスへ行き、6月は東日本震災支援コンサート出演(コーラス),7月はアイルランド、12月は井万人の第九を歌いに行くようです。

投稿: フーさん | 2011年7月 5日 (火) 11時27分

そうなんですね。銀行並みだと知らなくて、あちらのご実家も驚いておられました。
社命での引っ越しですし、小さい子がいるので楽々パックが使えて周りは楽でした。
入社2年目での総合病院廻りはかなり大変そうです。
家族ともども和歌山になじむのにしばらく掛かりそうだと言ってました。
私は、違う土地に範囲を広げられてわくわくしてます。さっそく妹にグルメ情報を聞き、和歌山ラーメン食べてきました。

投稿: manga | 2011年7月 6日 (水) 15時18分

転勤も前向きに捉える事が出来れば良いですね。MRは我々の時は少なくとも准看護婦と以上の知識を持っているのが当たり前でした。病理、疾病、薬理、薬剤、法律、制度等ですね。これらの知識は開発部門でもおおいに役立ちました。接する相手は医者、看護婦、薬剤師、購入窓口が主ですが、知識プラス人間力が不可欠ですね。シェア−をあげる確実な方法です。日常生活でも経験されるが如く「縁」を如何に大切にされ、誠実に接せられるか。これが経験となり将来必ず役に立つと思いますね。

投稿: フーさん | 2011年7月 7日 (木) 15時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1012851/40667573

この記事へのトラックバック一覧です: 紀州路快速:

« 金太郎温泉 | トップページ | 東郷温泉「養生館」第1部 »